Logic Pro X: 同期の「一般」設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
同期の「一般」設定

「同期」の「一般」設定は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

これらの設定は、「Logic Pro」をスレーブとして動作させるとき(「Logic Pro」を別のデバイスで制御するとき)に使用します。

図。「同期」の「一般」設定。
  • 「同期モード」ポップアップメニュー: Logic Proが同期するマスター(タイムコードの種類)を指定します。

    • 内部: 「Logic Pro」の内蔵タイマーを使用します。「Logic Pro」がマスターとして動作します。外部機器をMIDIクロックまたはMTCに基づいて同期できます。

    • MTC: MIDIタイム・コード・モードを使用します。「Logic Pro」はスレーブとして動作します。MIDIタイムコードは、MIDI入力ポートから受信することも、受信したSMPTEタイムコードを変換するMIDIインターフェイス(Unitor8など)で生成することもできます。

    • 手動: テンポ・インタプリタ・モードを使用します。「Logic Pro」はスレーブとして動作し、テンポインタープリタが有効な拍と認識した信号に同期します。「タップテンポ」コマンドに対する「Logic Pro」の反応は、「テンポインタープリタ」ウインドウのパラメータで指定します。

  • 「外部同期信号とタップテンポを自動認識」チェックボックス: オンのときは、MTC形式の同期信号またはテンポインタープリタからの同期信号を受信するまで、Logic Proがマスターとして動作します。

    最初の同期信号を受信すると、その信号を基準にするように自動的に切り替わります。

    重要:同時に複数の同期信号が届かないようにしてください。タイムコードのマスターは1つしか存在できないので注意してください。

  • 「フレームレート」ポップアップメニュー: フレームレートを選択します。このフレームレートは、送信と受信の両方のタイムコードに適用されます。

    注記:ドロップフレーム形式では、一定数のフレームが抜かれます。(定期的なパターンで抜かれます。)フォーマットの違いを区別するために、フレームが抜かれない形式は「NDF」または「ノンドロップフレーム」と呼ばれる場合もあります。

    • 24 fps: 映画、高解像度ビデオ

    • 25: PAL規格のビデオ/TV放送

    • (30d): NTSC規格のビデオ/TV放送(ほとんど使用されません)

    • 30: 高解像度ビデオ、初期の白黒NTSCビデオ(古いので、最近ではほとんど使用されません)

    • 29.97d: NTSCビデオ/TV放送

    • 29.97 fps: 標準解像度NTSC

    • 23.976 fps: 99.9%で実行される24 fps。映画をNTSCビデオに簡単に変換できます。

  • 「MTCフォーマットを自動認識」チェックボックス: オンのときは(推奨)、受信したタイムコードが分析され、適正なフレームレートが自動的に設定されます。

    MTCフレームレートの29.97 fpsと30 fpsは、次の理由から自動的には区別されません。

    • MTC規格では、この2つの区別が認められていません。

    • 30 fpsまたは29.97 fpsが検出されても、元のタイムコードが速く、または遅くなったと解釈することもできます。

    フレームレートがおよそ30 fpsの場合、「Logic Pro」では、ドロップフレーム形式が使用されているかどうかによって29.97 fps(ドロップフレーム)または30 fps(ノンドロップフレーム)のどちらであるかが解釈されます。この2つの形式は標準規格として使用されているので、この解釈は通常は適正なものとなります。

    「MTCフォーマットを自動認識」オプションは、29.97 fps(ドロップフレーム)か30 fps(ノンドロップフレーム)のいずれかに設定されたことがある場合は、これらのいずれかにしか切り替えません。これ以外の一般的でないフレームレートに「Logic Pro」を同期させたい場合は、手動で定義する必要があります。この設定は、「MTCフォーマットを自動認識」オプションを選択しても変更されません。

  • 「MTCを確認」ポップアップメニュー: 同期の整合性を維持するために、受信するタイムコードをどの程度の頻度でチェックするかを指定します。通常、このオプションは「常に」のままにすることをお勧めします。機器によっては、同期を維持するために一定のフレーム数の設定を必要とするタイムコードパルスを生成するものもあります。

  • 小節位置をSMPTEスライダで再生: プロジェクトのSMPTEオフセットを設定します。プロジェクトは必ずしも先頭の小節から始まるとは限らないので、設定したSMPTEタイムで再生される小節は任意に選択できます。

    デフォルトでは、小節1 1 1 1がSMPTE 01:00:00:00に当たります。

    SMPTEオフセットには通常、01:00:00:00(1時間)が使用されますが、これは、タイムコードをプリロールできるようにするためです。

  • 「SMPTE表示のオフセットを個別に設定」チェックボックス: 実際のSMPTEタイムではなく、プロジェクト開始からの絶対時間を表示します。

  • 小節位置をSMPTEスライダで表示: 「SMPTE表示のオフセットを個別に設定」チェックボックスを選択した場合に操作可能になります。「小節の位置」を「1 1 1 1」、「SMPTE値を表示」を「00:00:00:00」(プリセット)にします。必要に応じ、別の表示オフセット値を設定することもできます。

    テンポリストには常に実際のSMPTEタイムが表示され、SMPTE表示オフセットが表示されることはありません。その他のすべてのウインドウ(コントロールバーも含む)では、SMPTE表示オフセットが使用されます。

    ヒント:ビデオ(およびオーディオ)のポストプロダクション現場では多くの場合、SMPTEオフセットを1時間(01:00:00:00)に設定しています。これにより、プリロールがSMPTE時間00:00:00:00(ミッドナイト)を通過する際に、テープマシン(ADATなど)によってはトラブルとなる可能性を回避できるからです。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?