Logic Pro X: 「一般」設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「一般」設定

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、ミュージックグリッド設定を使って、ルーラの表示オプションと、録音するオーディオファイルにテンポ情報を書き込むかどうかを決めることができます。

図。「一般」設定。
  • 「ミュージックグリッドを使用」チェックボックス: ルーラが小節と拍に設定され、オーディオファイルにテンポ情報が記録されます。選択を解除すると、ルーラが時間に設定され、オーディオファイルにテンポ情報は記録されません。一般に、プライマリルーラにミュージカルグリッドを表示しない理由があるとすれば、話し声などの音楽以外のプロジェクトの場合だけです。音楽を含むプロジェクトで作業していて、トラック領域に時間を表示したい場合は、ミュージカルグリッドが表示されるプライマリルーラsecondaryに加え、時間が表示されるセカンダリルーラを使用することを検討してください。プライマリルーラとセカンダリルーラについて詳しくは、ルーラを使って項目を配置するを参照してください。

  • 「プロジェクトの再生に必要なプラグインのみを読み込む」チェックボックス: オンにすると、プロジェクトを開くときに、再生用の完全なシグナルフロー(Aux、バス、出力を含む)を有効にするために必要なプラグインのみが読み込まれます。これには、

    • フォーカストラック。

    • オーディオリージョンを含むオーディオトラック(フリーズされたトラックを除く)。

    • MIDIリージョンを含むソフトウェア音源トラック(フリーズされたトラックを除く)。

    • 入力モニタリングが有効になっているオーディオトラック。

    • 入力がなくても自動的にサウンドを生成するプラグインを使用しているオーディオ音源トラックおよびソフトウェア音源トラック

    • 外部入力またはReWire入力を使用しているオグジュアリートラック。

    • 完全なシグナルフローに必要なその他のトラック。

    プロジェクトの再生に必要ないトラックのプラグインは淡色表示され、現在はアクティブでないことを示します。これには、リージョンのないトラック、フリーズされたトラック、オフになっているトラック、信号経路内にないAuxトラックが含まれます。

    プロジェクトを開いた後、アクティブでないプラグインは次の場合に読み込まれます:

    • アクティブでないプラグインがあるトラックまたはチャンネルストリップを選択した。

    • アクティブでないプラグインがあるトラックにリージョンを追加した。

    • フリーズされたトラックのフリーズを解除した。

    • アクティブでないプラグインがあるチャンネルストリップにプラグインを追加した。

    • 無効になっているトラックまたはチャンネルストリップのプラグインをクリックした。

    • 無効になっているチャンネルストリップのいずれかのプラグインスロットをクリックして、ポップアップメニューから「チャンネルを有効にする」を選択します。

    • アクティブでないプラグインがあるチャンネルのChannel EQスロットまたはCompressorスロットをクリックした。

    • アクティブでないプラグインがあるチャンネルのマルチ出力ソフトウェア音源に出力を追加した。

    • アクティブでないプラグインがある1つまたは複数のチャンネルストリップを録音可能な状態にした。

    • アクティブでないプラグインがあるトラックで選択範囲の処理を使用した。

    • 有効なチャンネルのセンドまたは出力を変更した。

    • オーディオチャンネルまたはAuxチャンネルの入力を設定または変更した。

    注記:オフになっているトラックでは、アクティブでないプラグインは読み込まれません。

    プラグインを必要なときだけ読み込むことで、多数のトラックやプラグインがあるもののその一部しか使用されない大規模なプロジェクトを開くとき、時間を大幅に節約できます。また、コンピュータのリソースをより効率的に割り当てることができるため、オーディオのドロップアウトやグリッチが発生している場合にパフォーマンスを向上させることができます。

    プロジェクトを開く方法について詳しくは、プロジェクトを開くを参照してください。プラグインの操作について詳しくは、プラグインの概要を参照してください。

  • 「リージョンオートメーションをトラックオートメーションに優先」チェックボックス: 選択されている場合、トラックベースのオートメーションがリージョンの開始から終了まで中断されます(リージョンに同じパラメータのオートメーションデータが含まれている場合)。新しいプロジェクトではデフォルトでオンになります。以前のバージョンの「Logic」で作成されたプロジェクトではデフォルトでオフになります。

  • 「リージョンオートメーションが設定されていないリージョンにプリセットパラメータ値を使用(トラックオートメーションが設定されていない場合)」チェックボックス: 選択されている場合、リージョンにオートメーションデータがないパラメータには、チャンネルストリップまたはプラグインで設定した同パラメータの値が適用されます。選択を解除すると、そのオートメーションデータがある直前のリージョンの最終パラメータ値が適用されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?