Logic Pro X: 「詳細」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「詳細」環境設定

これらの環境設定では、いくつかの高度な機能と追加オプションを利用できます。

図。「詳細」環境設定。
  • 「詳細ツールを表示」チェックボックス: オンのときは、プロジェクト代替バージョンおよびバックアップ、ビートマッピング、ミックスおよびオートメーションの拡張機能といった高度な機能を使用できます。 追加のオプションは個別に有効にすることができます。

「追加オプション」は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

  • 「追加オプション」の「オーディオ」チェックボックス:オンのときは、破壊的なオーディオ編集と高度な構成オプションが有効になります。

  • 「追加オプション」の「サラウンド」チェックボックス: オンのときは、サラウンドオーディオの作成に関わるすべての機能が有効になります。オーディオを聴くにはサラウンドスピーカーのセットアップが必要です。

  • 「追加オプション」の「MIDI」チェックボックス: オンのときは、エンバイロメントでMIDI入出力ストリームの信号フロー制御およびリアルタイム処理が有効になります。

  • 「追加オプション」の「コントロールサーフェス」チェックボックス: オンのときは、新しいコントロールサーフェスの作成と、コントロール・サーフェス・システムの機能の詳細の編集が有効になります。

  • 「追加オプション」の「スコア」チェックボックス: オンのときは、スコアウインドウのすべての機能を有効にします。

  • 「追加オプション」の「詳細編集」チェックボックス: オンのときは、高度な編集機能(リージョンのエイリアス、トラックの再割り当て、歴史的な音律、テンポインタープリタなど)を有効にします。

  • 「追加オプション」の「すべて無効」ボタン: クリックすると、「追加オプション」のすべてのチェックボックスの選択が解除されます。

  • 「追加オプション」の「すべて有効」ボタン: クリックすると、「追加オプション」のすべてのチェックボックスが選択されます。

詳しくは、詳細ツールおよび追加オプションを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?