Logic Pro X: 「オートメーション」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「オートメーション」環境設定

「オートメーション」環境設定は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

図。「オートメーション」環境設定
  • 「リージョンと一緒にトラックオートメーションを移動」ポップアップメニュー: リージョンを移動したときにオートメーションデータをどう処理するかを定義します。

    • しない: リージョンを移動するときに、オートメーションデータは移動しません。

    • 常に: リージョンを移動するときに、オートメーションデータも必ず移動します。リージョンの境界に挟まれたオートメーションデータを移動します。

    • 確認: リージョンを移動するときに、オートメーションデータを移動するか、そのままにしておくかを尋ねるダイアログボックスが表示されます。

  • 「トレイルを取り込む(可能な場合)」チェックボックス: リージョンのオートメーショントレイル(リージョンに続く空の領域でのオートメーションパラメータの動作)と、すべてのコピーまたは移動アクションが取り込まれます。

  • 「鉛筆ツール」ポップアップメニュー: Optionキーを押さえたときの鉛筆ツールの動作を指定します。

    • ステップ編集のオプションを保持: Optionキーを押したままオートメーションレーンをドラッグすると、階段状のオートメーションカーブが作成されます。

    • カーブ編集のオプションを保持: Optionキーを押したままオートメーションレーンをドラッグすると、丸みを帯びたオートメーションカーブが作成されます。

  • 「スナップのオフセット」スライダ: すべてのオートメーションデータの現在のスナップ位置(トラック領域の「スナップ」ポップアップメニューで設定)に対して、指定した数のティックを加減します。

  • 「ランプタイム」スライダ: パラメータが1つ前の録音設定に戻すのに必要な時間を定義します。

  • 「“Write”モード切り替え」ポップアップメニュー: オートメーションデータの記録が完了した時点でフェーダーが自動的に切り替わるモードを定義します。

  • 「作成するオートメーション」チェックボックス: 「Touch」、「Latch」、「Write」モードで書き込めるオートメーションデータのタイプを指定します。

  • 「オートメーション・クイック・アクセス」のコントロール: 1つのハードウェアコントローラを使用して、選択したトラックの現在有効なオートメーションパラメータを自動化します。この環境設定については、「オートメーション・クイック・アクセス」を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?