Logic Pro X: 「ムービー」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「ムービー」環境設定

「ムービー」環境設定は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

図。「ムービー」環境設定。
  • 「ムービーからプロジェクト」スライダ: ムービーの開始位置を微調整します。

  • 「キャッシュ分解能」ポップアップメニュー: 一時的な内部メモリ(キャッシュ)に保存するサムネールの分解能を設定します。分解能を高く設定すると細部まで表示されますが、より多くのキャッシュ容量が必要になります。

  • 「最大キャッシュサイズ」スライダ: サムネールのキャッシュ用に確保するメモリ容量を設定します。「キャッシュ分解能」を「中」に設定した場合の推奨値は40 MBです。分解能をそれよりも高く設定した場合は、高い値を選択してください。ここで確保したメモリ容量は、実際にムービーのデータが表示されている間にのみ使用されます。

  • 「Logic Pro Xオーディオ出力を使用」チェックボックス: オンのときは、ムービーのサウンドトラックにほかのすべてのオーディオと同じ出力を使用します。

  • 「スクリーンセットを変更中にムービーウインドウをロック」チェックボックス: オンのときは、スクリーンセットを変更するときに、ムービーウインドウが現在のユーザ定義位置に固定されて再生が続行されます。

  • 「ムービープロジェクト設定」ボタン: 「ムービープロジェクト設定」ウインドウを開きます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?