Logic Pro X: 「スコア」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「スコア」環境設定

「スコア」パネルには、次の環境設定があります:

図。「スコア」環境設定

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、以下のものが表示されます:

  • 「ダブルクリック時の表示対象」ポップアップメニュー: 符頭をダブルクリックしたときに開くウインドウを、「音符の属性」、イベントリスト、ピアノ・ロール・エディタ、ステップエディタの中から選択します。

  • 「ポリフォニック譜表スタイルでノートを自動分割」チェックボックスと「ノートの分割位置」スライダ: 新しく録音したノートイベントを、対応する譜表スタイルに設定されている別々のMIDIチャンネルに保存します。この環境設定は、録音トラックのデフォルトの譜表スタイルが多声部であり、声部の割り当てにMIDIチャンネル番号を使う場合にのみ適用されます。

  • 「スコアプロジェクト設定」ボタン: 「スコアプロジェクト設定」ウインドウを開きます。

「詳細」環境設定で「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、以下が表示されます:

  • 「選択したリージョンをカラー表示」チェックボックス: 現在選択しているMIDIリージョンの譜線がカラーで表示されます。それ以外のリージョンの譜線は、黒で表示されます。リージョンインスペクタのパラメータは、現在選択しているリージョンにのみ影響するので、リージョンの表示パラメータを変える場合などに便利です。このオプションの選択を解除すると、譜線は常に黒で表示されます。

  • 「間隔をインチで表示」チェックボックス: ページスコア表示のルーラの単位をインチで表示します。選択しない場合、デフォルトの単位はcmです。

  • 「選択範囲の色」ボタン: スコアエディタでオブジェクトを選択したときの色を選択します。デフォルトの色に戻すには、「リセット」ボタンをクリックします。

  • 「カメラツール」の「書き出し先」ボタン: カメラツールによるイメージ書き出しの書き出し先として、「クリップボード」または「PDFファイル」から選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?