Logic Pro X: 「表示」の「一般」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「表示」の「一般」環境設定

「表示」の「一般」環境設定は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

図。「表示」の「一般」環境設定
  • 「言語」ポップアップメニュー: 使用する言語をシステムのデフォルトの言語から変更するときに使用します。

  • 「ローカルウインドウのメニューを拡大」チェックボックス: オンのときは、ローカルメニュー項目が大きいフォントで表示されます。

  • 「インスペクタを拡大」チェックボックス: オンのときは、インスペクタ設定が大きいフォントで表示されます。

  • 「再生ヘッドを太くする」チェックボックス: オンのときは、すべてのウインドウで太目の再生ヘッドが使用されます。

  • 「ヘルプタグを表示」チェックボックス: オンのときは、インターフェイス要素およびツールにポインタを置いたときにヘルプタグが表示されます。編集中は、機能名、リージョンやイベントの名前または番号、位置、パラメータ値が表示されます。

  • 「デフォルト値を表示」チェックボックス: オンのときは、デフォルトパラメータ値がヘルプタグに表示されます。これにより、デフォルト値との違いを簡単に識別できます。

  • 「“新規トラック”ダイアログにアイコンを表示」チェックボックス: オンのときは、アイコンスタイルの「新規トラック」ダイアログが表示されます。そうでない場合は、テキストスタイルの「新規トラック」ダイアログが表示されます。

  • 「アニメーションを表示」チェックボックス: オンのときは、各種のウインドウと機能がアニメーションと共に開きます。アニメーションがあると気が散る場合は、このチェックボックスの選択を解除します。

  • 「中央Cの表示形式」ポップアップメニュー: エディタ内でのノートの記述に影響します。5オクターブキーボードで最も低いC(ノート番号36)はC1になり、中央のC(ノート番号60)はC3になります。この基準に基づくと、最も低いMIDIノート(ノート番号0)は「C –2」と呼ばれます。これは、ほとんどのメーカーが採用している公式規格です。「C3(Yamaha)」に設定すると、この標準モードに設定されます。「C4(Roland)」に設定すると、5オクターブキーボードの最も低いCはC2になり、中央CはC4になります。この基準の場合、最も低いMIDIノートは「C –1」です。

  • 「時間の表示形式」ポップアップメニュー: コントロールバーのタイムディスプレイをカスタマイズするときに使用します。

  • 「ゼロをスペースに」チェックボックス: タイムディスプレイ上に空スペースの代わりにゼロを表示します。

  • 「テンポの表示形式」ポップアップメニュー: コントロールバーのテンポディスプレイをカスタマイズするときに使用します。

  • 「クロックフォーマット」ポップアップメニュー: コントロールバーのビートディスプレイをカスタマイズするときに使用します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?