Logic Pro X: 「同期」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「同期」環境設定

「同期」パネルには、次の環境設定があります:

図。「MIDI」の「同期」環境設定

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、以下のものが表示されます:

  • 「すべてのMIDI出力」の「ディレイ」スライダ: すべてのポートでMIDI出力を遅延または先行させます。これにより、MIDIトラックとオーディオまたはソフトウェア音源トラックとの間のタイミングのずれを補正できます。

  • 「MTCピックアップディレイ」スライダ: これは通常は0に設定してください。これにより、Logic ProがMTC(MIDIタイムコード)同期モードのときのピックアップ時間が最速になります。ただし、外部機器の中には、起動時に不正確なMTCコマンドを転送するものもあります。その結果、同期が不安定になり、同期が確立されるたびにオフセットが生じることもあります。このような場合、受信したMTCがピックアップされるまでの遅延時間を設定することもできます。これで、「Logic Pro」はこの時間内に受信するMTCコマンドを無視します。フレーム数25から30(フレームレートの設定によって異なります)は、約1秒の遅延に当たります。ハード・ディスク・レコーダなどの機器に同期していて、同期が不安定だと感じた場合に使用します。

  • 「MTCトランスミッションの遅延時間」スライダ: MIDIタイムコードの送信を遅らせます。負の値の場合は、MTCが先行して転送されるため、外部MTCスレーブ機器の反応に遅延(受信するMIDIタイムコードに対する遅延)が生じている場合に補正できます。

  • 「操作コマンドを送信」の「停止ボタンを2回押したとき」チェックボックス: 停止ボタン(停止キーボードショートカット)を2回使用したときに、MMCロケートコマンドが送信されます。

  • 「操作コマンドを送信」の「リージョンまたはイベントをドラッグしたとき」チェックボックス: Logic Proを停止したときに、トラック領域でドラッグしたリージョンの位置と共にMMCロケートコマンドが送信されます。

  • 「MIDI同期プロジェクト設定」ボタン「MIDI同期プロジェクト設定」ウインドウを開きます。

「詳細」環境設定で「追加オプション」の「MIDI」が選択されている場合は、以下が表示されます:

  • 「MMCモード」ポップアップメニュー: MMC標準メッセージまたは旧Fostexフォーマットを選択します。

    • MMC標準メッセージ: MIDI MMC規格に準拠したものです。

    • 旧Fostexフォーマット: 「旧Fostexフォーマット」はMIDIマシンコントロールで使用されます。

  • 「出力ID(トランスポート)」チェックボックス: 「すべて」チェックボックスを選択すると、MMCがすべてのポートに送信されます。出力ポートIDを指定するには、右側のフィールドを使用します。

  • 「入力ID(トランスポート)」チェックボックス: 「すべて」チェックボックスを選択すると、MMCがすべてのポートに送信されます。入力ポートIDを指定するには、右側のフィールドを使用します。

  • 「オーディオトラックの録音用コマンドを送信」チェックボックス: オーディオトラックが録音可能または録音不可に設定されたときに、MMC録音可能または録音不可コマンドが送信されます。さらに、受信したMMC録音可能コマンドによって、オーディオトラックの録音可能状態も設定されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?