Logic Pro X: 「MIDI」の「一般」環境設定

「MIDI」の「一般」環境設定

「MIDI」の「一般」環境設定は、「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合にのみ表示されます。

図。「MIDI」の「一般」環境設定
  • 「外部停止メッセージで録音を終了」チェックボックス: 外部同期を使用していて録音中にタイムコードが停止したときに、録音モードをオフにします。このチェックボックスを選択しない場合、「Logic Pro」は停止しますが、録音モードは解除されずに続きます(録音モードが一時停止になります)。

  • 「すべてのMIDIドライバをリセット」ボタン: すべてのMIDIドライバをリセットします。これは、MIDIのやり取りで問題が発生したときに便利です。

アーティキュレーションスイッチ

注記:特定のチャンネルストリップについて、これらのパラメータがアーティキュレーション・セット・エディタによって指定されている場合、その環境設定は淡色で表示されます。

  • 「MIDIリモート」ポップアップメニュー: アーティキュレーションの切り替えのオンとオフを指定します。

  • 「MIDIリモート」の「設定」ポップアップメニュー: MIDIリモートの状態をチャンネルストリップごとに設定するかグローバルに設定するかを指定します。MIDIリモートの設定をすべてのチャンネルで同じにする場合は、「グローバル」を選択します。そうでない場合は、「チャンネルストリップごと」に設定しておきます。

  • 「MIDIチャンネル」ポップアップメニュー: アーティキュレーションスイッチ用にMIDIチャンネルを設定します。

  • 「MIDIチャンネル」の「設定」ポップアップメニュー: MIDIチャンネルをチャンネルストリップごとに設定するかグローバルに設定するかを指定します。MIDIチャンネルの設定をすべてのチャンネルで同じにする場合は、「グローバル」を選択します。そうでない場合は、「チャンネルストリップごと」に設定しておきます。

  • 「オクターブのオフセット」ポップアップメニュー: アーティキュレーションスイッチ用にオクターブのオフセットを設定します。+10〜 -10オクターブの範囲でオクターブを選択できます。

  • 「オクターブのオフセット」の「設定」ポップアップメニュー: オクターブのオフセットをチャンネルストリップごとに設定するかグローバルに設定するかを指定します。オクターブのオフセットの設定をすべてのチャンネルに適用する場合は、「グローバル」を選択します。そうでない場合は、「チャンネルストリップごと」に設定しておきます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?