Logic Pro X: 「MP3」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「MP3」環境設定

「MP3」環境設定では、ビットレート、音質、ステレオモードなどのMP3のオプションを制御できます。

図。「MP3」環境設定
  • 「ビットレート(モノラル)」/「ビットレート(ステレオ)」ポップアップメニュー: 32 kbps-320 kbpsのビットレートを選択できます。デフォルトは80 kbpsモノラルおよび160 kbpsステレオです。これらのビットレートでは、比較的良好な音質と高いファイル圧縮率が得られます。ファイルサイズが大きくなってもかまわない場合は、モノラルストリームの場合は96 kbpsに、ステレオストリームの場合は192 kbpsに設定することをお勧めします。このように設定すると、オーディオの品質が良くなります。もっと高いレートを選択してもかまいませんが、96/192 kbps以上のビットレートにしても音質はそれほど変わりません。

  • 「可変ビットレート(VBR)のエンコーディングを使用」チェックボックス: 可変ビットレート(VBR)のエンコーディングでは、単純なパッセージの圧縮率を上げ、音楽の情報量の多いパッセージの圧縮率を下げるため、一般的により高品質なMP3になります。ただしMP3プレーヤーによってはVBRでエンコーディングされたMP3を正確にデコードできないことがあるため、このオプションはデフォルトでは選択されていません。想定しているリスナーがVBRでエンコーディングされたMP3ファイルを正しくデコードできると分かっている場合は、このチェックボックスを選択してください。

  • 「音質」ポップアップメニューこの設定は可能な限り「最高」に設定してください。設定を下げると変換速度は向上しますが、音質が低下します。このオプションは、「可変ビットレート(VBR)のエンコーディングを使用」チェックボックスが選択されているときにだけ選択可能になります。

  • 「最高のエンコーディングを使用」チェックボックス: このオプションの選択を解除すると、エンコーディングの処理速度は向上しますが、音質は下がります。変換に時間をかけられない事情がある場合を除き、選択は解除しないでください。

  • 「10Hz未満の周波数をフィルタリング」チェックボックス: 10 Hz未満の周波数が削除されます。これにより、人間の可聴帯域の周波数で利用できるデータ帯域幅が若干増えるため、音の感性品質が改善されます。この周波数帯は通常はスピーカーでは再生されず、人間の耳では聴き取ることができません。サブソニック・テスト・トーンの実験を行ったり、鯨に聴かせるMP3を作成したりする場合でもない限り、このオプションの選択は解除しないでください。

  • 「ステレオモード」ポップアップメニュー「ジョイントステレオ」または「標準」を選択します。オリジナルファイルの状態によっては、これらパラメータの違いを聴き取ることができない場合もあります。両方の設定を試して、好みに合った方を選択してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?