Logic Pro X: 「バウンス拡張設定」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「バウンス拡張設定」環境設定

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、「オーディオ」の「バウンス拡張設定」パネルが表示されます。

「オーディオ」の「バウンス拡張設定」環境設定では、バウンス拡張設定およびサラウンドフォーマットを設定できます。「バウンス拡張設定」パネルには、次の環境設定があります:

図。「バウンス拡張設定」環境設定。

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、以下のものが表示されます:

  • 「ステレオ」の「左」/「右」フィールド: スプリットフォーマットでバウンスする場合に各オーディオファイルのバウンス拡張子を設定します。テキストフィールドに入力すると拡張子を変更できます。

「詳細」環境設定で「追加オプション」の「サラウンド」が選択されている場合は、以下が表示されます:

  • 「サラウンド」の「表示」ポップアップメニュー: サラウンドフォーマットを設定します。この選択に合わせて、「バウンス拡張設定」パネルの残りのポップアップメニューが自動的にアップデートされます。

  • 「サラウンド」の「初期化」ボタン: バウンスの拡張子をデフォルト値にリセットします。

  • 「サラウンド」の拡張子フィールド: サラウンドフォーマットでバウンスする場合に、オーディオファイル名の末尾に付加される拡張子を指定します。テキストフィールドに入力すると拡張子を変更できます。拡張子によって、分割されたサラウンドファイルを読み込むときのチャンネル割り当ても決まります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?