Logic Pro X: 「出力」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「出力」環境設定

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、「オーディオ」の「出力」パネルが表示されます。

「オーディオ」の「出力」環境設定では、ステレオ出力を再生する物理出力ペアおよびサラウンドフォーマットを設定できます。「出力」パネルには、次の環境設定があります:

図。「出力」環境設定。

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、以下のものが表示されます:

  • 「ステレオ」の「出力」ポップアップメニュー: ステレオ出力を再生する物理出力ペアを設定します。

  • 「ミラーリング」チェックボックス: 「Output 1–2」を除いて、選択したすべての出力ペアで選択可能になります。選択した出力ペア(「Output 3–4」など)に出力信号を送るときは、選択を解除します。選択した出力ペア(「Output 3–4」など)と物理出力(「Output 1–2」)に出力信号を送るときは、このチェックボックスを選択します。

「詳細」環境設定で「追加オプション」の「サラウンド」が選択されている場合は、以下が表示されます:

  • 「サラウンド」の「表示」ポップアップメニュー: サラウンドフォーマットを設定します。この選択に合わせて、「出力」パネルの残りのポップアップメニューが自動的にアップデートされます。

  • 「サラウンド」の「初期化」ボタン: デフォルト設定、ITU(International Telecommunications Union)標準、またはWG-4標準を選択できます。

  • 「サラウンド」のスピーカー・ポップアップ・メニュー: 選択したサラウンドフォーマットで有効な位置ごとに物理出力スピーカーを設定します。無効なスピーカー位置の出力ポップアップメニューは淡色で表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?