Logic Pro X: 「プロジェクト処理」環境設定

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
「プロジェクト処理」環境設定

「プロジェクト処理」パネルには、次のプロジェクト起動およびテンプレート環境設定があります:

図。「一般」の「プロジェクト処理」環境設定
  • 「起動時のアクション」ポップアップメニュー: Logic Proが開いたときに何が起きるかを定義します。

    • 何もしない: 「Logic Pro」が起動しても何も起こりません。手動で新しいプロジェクトを作成するか、既存のプロジェクトまたはテンプレートを開く必要があります。

    • 最後に使ったプロジェクトを開く: 前回「Logic Pro」を終了したときに開いていたプロジェクトを開きます。

    • 既存のプロジェクトを開く: 既存のプロジェクトをブラウズできる「開く」ダイアログを表示します。

    • テンプレートを選択: テンプレートダイアログボックスが開きます。

    • 空のプロジェクトを新規作成: 「新規トラック」ダイアログで空のプロジェクトを開きます。追加する新規トラックのタイプと数を指定します。

    • デフォルトのテンプレートを使って新規プロジェクトを作成: デフォルトのテンプレートを開いて「別名で保存」ダイアログを表示します。ダイアログで、プロジェクトに名前を付けて保存できます。

    • 確認: 上記の各オプションが表示された「起動時の状態」ダイアログを開きます。

  • 「デフォルトのテンプレート」ボタン: 「起動時のアクション」ポップアップメニューから「デフォルトのテンプレートを使って新規プロジェクトを作成」が選択されたときのデフォルトのテンプレートを選択できます。

  • 「自動バックアップ」ポップアップメニュー: プロジェクトの一部として保存される代替バージョンの数を設定します。

  • 「最近使った項目」ポップアップメニュー: 「ファイル」>「最近使った項目」に、最近開いたプロジェクトをいくつ表示するかを設定します。項目を1つも表示しないようにするには、「なし」を選択します。

「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、以下のものが表示されます:

  • 「“MIDIファイルを書き出す...”で1つのMIDIリージョンをフォーマット0で保存」チェックボックス: 「ファイル」>「書き出し」>「選択範囲をMIDIファイルとして」と選択するときに、選択しているMIDIリージョンが1つだけの場合は、そのリージョンの内容がフォーマット0のMIDIファイルとして保存されます。このファイルフォーマットはすべてのMIDIファイルプレーヤーと互換性があります。

「詳細」環境設定で「詳細編集」が選択されている場合は、以下のものが表示されます:

  • 「プロジェクトを開くときに、現在のプロジェクトを閉じるか確認する」チェックボックス: オンの場合は、現在開いているプロジェクトを閉じずに新しいプロジェクトを開こうとしたときに、現在のプロジェクトを閉じるかどうかを確認するダイアログが表示されます。オフの場合は、確認ダイアログが表示されず、現在のプロジェクトが開いたままになります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?