Logic Pro X: 同期に関する問題とその対処方法

同期に関する問題とその対処方法

さまざまな種類の同期を使用でき、製造元によりその構成や仕様も異なることから、「Logic Pro X」をその他の機器やAppと同期して使用する際にタイミングに問題が生じることもあります。次の表に、同期に関する一般的な問題とその対処方法を示します。

問題

対処方法

デジタル同期エラー

「Logic Pro X」を外部ワードクロックに同期させるモード(「オーディオ同期モード」の値が「外部またはフリー」)の場合、有効なデジタル信号が常に利用できる状況である必要があります。

「サンプルレートxxx kHzが認識されました」というエラーメッセージが表示された場合、オーディオハードウェアのデジタル入力端子に接続されたクロック・ソース・デバイス(DATマシンなど)が、停止または一時停止モードではワードクロックを送信しない可能性があります(あるいは、機器の電源そのものが切れている場合もあります)。

外部テープマシンとの同期が十分でない/まったく取れない

新規プロジェクトを作成し、「Logic Pro X」でテープ上に新しいオーディオ録音を作成します。

テープ上の古い録音が適正にタイムコードと同期していなかった場合は、それを使うことができないからです。テープへの同期を試みる場合、1つの重要なルールがあります。再生時の状況は録音時とまったく同じでなくてはならないということです。

MIDI信号とオーディオ信号が同期しない

「ファイル」>「プロジェクト設定」>「同期」と選択し、「オーディオ」パネルの「Core Audio」ポップアップメニューで「MTCコンティニュアス」または「MTCトリガ+自動速度認識」モードを選択します。

お使いのオーディオハードウェアがこのいずれのモードもサポートしていない場合、長すぎるリージョンは短いリージョンに分割して処理してください。

MIDI信号とSMPTE信号が同期しない

すべてのフレームレート設定を確認してください。接続されているすべての機器のフレームレートは同じでなくてはなりません。これには、テープマシンや同期デバイス、「Logic Pro X」そのもののタイムコードも含まれます。

同期デバイスによってはMTCに間違ったフレームレートを埋め込むものもあります。このような場合は、テンポエディタを開いて「検出」オプションを選択解除し、現在のフレームレートを手動で設定してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?