Logic Pro X: 同期の概要

同期の概要

「Logic Pro X」はほとんどの同期プロトコルをサポートするため、外部のハードウェアおよびソフトウェアと同期できます。「Logic Pro X」は、マスター同期デバイスとしても、別のデバイスに対する同期スレーブとしても機能します。

SMPTE位置のロック(およびロック解除)機能は、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合のみ使用できます。

スタジオの構成の複雑さやシンプルさに関係なく、すべての同期には次のルールが適用されます:

  • 同期マスターは1つしか存在しません。

  • 同期マスターはタイムコード情報(同期信号)を1つまたは複数の同期スレーブに送信します。

重要:多くの場合、「Logic Pro X」も含め、それぞれの同期対応デバイスをマスターまたはスレーブとして機能するように手動で設定する必要があります。この設定をしなかった場合、システム内に複数のマスター機器が存在することになり、結果として同期エラーを招くこととなります。

サポートされる同期プロトコル

  • MIDIタイムコード(MTC): SMPTEタイムコード信号をMIDI標準タイムコード信号に変換します。MTCの解釈を参照してください。

  • 「MIDIクロック」のクロック信号用の短いMIDIメッセージです。MIDI機器間にタイミングパルスを提供するものとして使用されます。

    • 「Logic Pro X」では、外部機器を同期させるためにMIDIクロック信号を送信できます

    • ただし、MIDIクロック同期信号を受信することはできません

  • SMPTEタイムコード: Unitor8など、一部のMIDIインターフェイスによってMTCに変換されたオーディオ信号です。

  • ワードクロック: すべてのデジタル・オーディオ・インターフェイス・フォーマット(ADAT、FireWireオーディオ、S/P-DIF、AES/EBU、T-DIFなど)によって伝送される信号です。「Logic Pro X」と外部ハードウェアまたはソフトウェア間でデジタル転送されたオーディオ信号内のサンプルワードのタイミングの整合性を維持するために使用されます。「同期」の「オーディオ」設定を参照してください。

  • ReWire: 「Logic Pro X」をReWireの「ホスト」として使用することもできます。「Reason」や「Ableton Live」などのReWire互換App用の同期マスターソースとして使用することができます。ReWireオブジェクトを参照してください。

ヒント: 「Logic Pro X」は、スレーブとして使用する場合に手動同期つまり「ヒューマン」同期もサポートしています。これは同期プロトコルではありませんが、「Logic Pro X」でテンポチェンジをリアルタイムで追いかけることができます。たとえば、実際のドラマーの演奏に合わせることもできるわけです。テンポインタープリタを使うを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?