Logic Pro X: ムービー・シーン・マーカーを使用する

ムービー・シーン・マーカーを使用する

シーンマーカーはSMPTE位置に固定されたマーカーです。つまり、テンポチェンジがあってもシーンマーカーの絶対時間の位置は変わりません。また、現在のムービーがプロジェクトから削除されると、シーンマーカーも自動的に削除されます。シーンマーカーはフィルムストリップアイコンで示されます。

図。ムービー・シーン・マーカーが表示されているマーカーリスト。

「ムービー・シーン・マーカーを作成」機能を使用すると、ムービーをスキャンして、コンテンツが大幅に変化する部分(シーンの「カット」)に自動的にシーンマーカーを作成することができます。

「ムービー・シーン・マーカーを作成」機能のしきい値は固定されており、アニメーション、実写、CGIなど、ほとんどのムービーで正しく検出が行われます。

ムービーのシーンのカットを検出する

  • 「移動」>「その他」>「ムービー・シーン・マーカーを作成」サブメニューからムービーの範囲を選択します。

「自動範囲」設定を使用してムービーをスキャンし、シーンのカットを検出する

「自動範囲」設定にした場合、ムービーのどの範囲を検証するかは以下の順で決まります:

  • マーキーの選択範囲

  • プロジェクトのサイクル範囲

  • 選択したリージョン

  • 全体(上記のいずれの条件にも一致しない場合)

以下のいずれかの操作を行います:

  • グローバルトラックの「ムービー」ヘッダで「ムービー」ポップアップメニューを開き、「シーンのカットからマーカーセットを作成」を選択します。

  • 「シーンマーカーを作成(自動範囲設定)」キーコマンドを使います。

個々のシーンマーカーを削除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「移動」>「その他」>「ムービー・シーン・マーカーを取り除く」サブメニューからオプションを選択します。

  • 「シーンマーカーを削除(自動範囲設定)」キーコマンドを使います。

  • マーカーリストを開き、シーンマーカーを選択してから、マーカーリストの「編集」メニューから「編集」>「カット」または「編集」>「削除」と選択します(または、対応するキーコマンドを使用します)。

すべてのシーンマーカーまたはマーカーセットを削除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「移動」>「その他」>「ムービー・シーン・マーカーを取り除く」サブメニューから「すべてのシーンマーカー」を選択します。

    注記:マーカーセットは削除されず、セット内のマーカーのみが削除されます。

  • グローバルトラックの「ムービー」ヘッダで「マーカー」ポップアップメニューを開き、「マーカーセット」>「セットを削除」と選択します。

  • マーカーリストを開いて、「マーカーセット」ポップアップメニューから「マーカーセット」>「セットを削除」と選択します。

シーンマーカーを標準マーカーに変換する

  • マーカーリストを開き、シーンマーカーを選択してから、「オプション」>「標準マーカーに変換」と選択します。

標準マーカーをシーンマーカーに変換する

  • マーカーリストで標準マーカーを選択し、「オプション」>「シーンマーカーに変換」と選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?