Logic Pro X: ムービーウインドウを使用する

ムービーウインドウを使用する

ムービーウインドウの下部にあるスライダをドラッグすると、ビデオファイルの任意の位置に移動できます。このとき、「Logic Pro X」の再生ヘッドも対応したプロジェクト位置に移動します。

図。ムービーウインドウ。

ムービーウインドウのサイズを変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 右下隅をドラッグします。

  • Controlキーを押したままムービーをクリックしてから、ショートカットメニューから次のイメージフォーマットのいずれかを選択します。

    図。ショートカットメニューに各種のイメージフォーマットが表示されているムービーウインドウ。
    • 1/4のサイズ: ムービーを本来のサイズの1/4に縮小します。

    • 半分のサイズ: ムービーを本来のサイズの半分に縮小します。

    • 元のサイズ: ムービーを本来のサイズで表示します。

    • 2倍のサイズ: ムービーを本来のサイズの2倍に拡大します。

    • 3倍のサイズ: ムービーを本来のサイズの3倍に拡大します。

    • フルスクリーン: ムービーウインドウを全画面で表示します。

    • 縦横比を保持: このオプションを選択すると、イメージの縦横比を維持したままムービーウインドウのサイズを変更できます。

    • 中央: ビデオイメージが画面中央に表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?