Logic Pro X: ムービーをプロジェクトに追加する

ムービーをプロジェクトに追加する

QuickTimeムービーファイルをプロジェクトに同期して表示できるため、映画やテレビ用の音楽を簡単に作ることができます。「Logic Pro X」でビデオを直接録画したり編集したりすることはできませんが、プロジェクトで音楽や効果音、台詞をアレンジして、ビデオファイルのサウンドトラックとして使用することは可能です。

QuickTimeムービーは独立したムービーウインドウで開くことができます。また、グローバルトラックの「ビデオ」でQuickTimeムービーの個々のフレームを表示することもできます。

プロジェクトでムービーを開くと、インスペクタの上部に「ムービー」領域が閉じた状態で表示され、開閉用三角ボタンをクリックするとそれが開きます。

図。グローバルトラックの「ビデオ」にムービーが表示されているメインウインドウと、独立したムービーウインドウとして開いているムービー。

インスペクタの「ムービー」領域およびムービーウインドウでムービーを再生すると、再生ヘッドも連動します。逆に、再生ヘッドが移動するとムービー再生位置もそれに従って移動します。ムービーで再生されるオーディオを聴くことができるのは、インスペクタの「ムービー」領域またはムービーウインドウが開いている場合のみです。

注記:ムービーをスムーズに再生するには、高速プロセッサが必要です。ビデオレコーダやデジタルカメラからオリジナルのQuickTimeムービーを作成、編集するには、専用のハードウェアが別途必要となる場合があります。

「Logic Pro X」でムービーのウインドウを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「ファイル」>「ムービー」>「ムービーを開く」と選択します(または、対応するキーコマンドを使います。デフォルトはOption+Command+Oキーです)。

  • グローバルトラックの「ムービー」ヘッダで「ムービー」ポップアップメニューを開き、「ムービーを開く」を選択します。

  • 鉛筆ツールで「ビデオ」トラックの任意の位置をクリックします。

  • コントロールバーの「メディア」ボタンをクリックしてから、「ムービー」ボタンをクリックしてムービーファイルを選択します。

フローティング・ムービー・ウインドウで、ムービーが正しいアスペクト比で開きます。

注記:1つのプロジェクトでは1つのQuickTimeムービーしか開くことができません。すでにムービーを開いているプロジェクトで「ムービーを開く」コマンドを実行すると、同じビデオクリップがムービーウインドウで開きます。これは、別のスクリーンセットで同じビデオクリップを開きたい場合に特に便利です。ムービーウインドウが開いているときに「ムービーを開く」コマンドを選択するとダイアログが表示され、新しいムービーファイルを選択できます。

プロジェクトからムービーを削除する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「ファイル」>「ムービー」>「ムービーを削除」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

  • グローバルトラックの「ムービー」ヘッダで「ムービー」ポップアップメニューを開き、「ムービーを削除」を選択します。

ムービーへのすべての参照がプロジェクトから削除されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?