Logic Pro X: チャンネルストリップオブジェクトの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
チャンネルストリップオブジェクトの概要

エンバイロメントのチャンネルストリップオブジェクトは、「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤー、「Logic Pro」のミキサー、およびインスペクタのチャンネルストリップの基礎部分となるものです。チャンネルストリップの種類について詳しくは、チャンネルストリップのタイプを参照してください。

図。エンバイロンメントの「ミキサー」レイヤーのチャンネルストリップオブジェクトと、メインウインドウのミキサーおよびインスペクタのチャンネルストリップオブジェクト。

メインウインドウに表示されるオーディオトラックとソフトウェア音源トラックからの信号は、実際には「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤー上のチャンネルストリップオブジェクトに送られます。

ミキサーのチャンネルストリップとインスペクタのチャンネルストリップは、「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤーにあるチャンネルストリップオブジェクトをリモート制御しているにすぎません。チャンネルストリップをほかのウインドウにも表示しているのは、操作を効率よく行うためです。

インスペクタのチャンネルストリップに含まれるパラメータは、「エンバイロメント」の対応するチャンネルストリップオブジェクトのものより少なくなっています。ミキサーウインドウに表示されるチャンネルストリップでは、それよりも詳細に設定できますが、すべてのオプションを使用するには「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤーを使用する必要があります。

重要:「ファイル」>「プロジェクト設定」>「オーディオ」>「チャンネル・ストリップ・オブジェクトを自動管理」が選択されている場合(この設定はデフォルトで選択されています)、エンバイロメントにチャンネルストリップを作成することはできません。この設定が選択されている場合、メインウインドウのトラック/チャンネルの作成オプションにより、対応するチャンネル・ストリップ・オブジェクトがエンバイロメントに自動的に作成されます(また、リモート制御用のチャンネルストリップがミキサーとインスペクタにも作成されます)。

一般的な音楽制作プロセスの中で、エンバイロメントのチャンネルストリップにアクセスする必要はありません。実際に「エンバイロメント」ウインドウの「ミキサー」レイヤーを開くのは、システムレベルでチャンネルストリップを設定し直して、別のオーディオハードウェアやアプリケーションに接続するような場合に限られます。

チャンネルストリップオブジェクトはMIDI信号パスの構成要素ではありませんが、MIDIメッセージを使用して、「Logic Pro」で再生するオーディオ/ソフトウェア音源をさまざまな形で制御することができます。チャンネルストリップオブジェクトにはあらゆるMIDIオブジェクトを接続でき、制御データを入力することが可能です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?