Logic Pro X: MIDIクリックオブジェクト

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
MIDIクリックオブジェクト

MIDIクリックオブジェクトは、小節、拍、ディビジョンの間隔でノートイベントを作成するのに使用します。このオブジェクトは、MIDIポートまたは内蔵スピーカーから出力できます。

図。MIDIクリックオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

各プロジェクトで作成できるMIDIクリックオブジェクトは1つだけです。そのため、このオブジェクトは、プロジェクト作成時に作られたものが削除された場合にのみ作成する必要があります。

MIDIクリックオブジェクトを作成する

  • 「新規」>「MIDIメトロノームクリック」と選択します。

MIDIクリックのオン/オフを切り替える

  • 「Logic Pro」のコントロールバーの「メトロノーム」ボタンをクリックします。

    図。コントロールバーの「メトロノーム」ボタン。

Controlキーを押したまま「メトロノーム」ボタンをクリックして、ショートカットメニューから「メトロノーム設定」を選択すると、「メトロノーム」プロジェクト設定にアクセスできます。このパネルでは、再生または録音時に鳴らすMIDIクリックを設定できます。このパネルは、MIDIクリックオブジェクトのインスペクタの設定を反映しています。「小節」、「ビート」、「ディビジョン」の各チェックボックスでは、小節、ビート、ディビジョンごとにノートイベントを生成できます。「チャンネル」、「ノート」、「ベロシティ」の各パラメータでは、生成されるノートのMIDIチャンネル、ノート番号、ベロシティを設定します。また、「MIDIポート」パラメータでは、メトロノームを直接出力するポートを設定できます。詳しくは、メトロノーム設定を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?