Logic Pro X: フィジカルインプットオブジェクト

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
フィジカルインプットオブジェクト

フィジカルインプットオブジェクトは、MIDIインターフェイスの物理入力を表現するオブジェクトです。エンバイロメントには、これらのオブジェクトを1つだけ置くことができます。

フィジカルインプットオブジェクトは、コンピュータに接続された1つ以上のMIDIインターフェイスの入力からMIDI信号を受信します。このオブジェクトには計65の出力があります。

出力は、接続されたすべてのMIDIインターフェイスの入力割り当てに応じて決まります。一番上の出力(SUM)には、単独でケーブルが接続されていない各出力のMIDIイベントが送られます。

リモート制御イベントはフィジカルインプットオブジェクトで処理され、出力へは送られません。このため、リモート制御イベントはエンバイロメントには届かず、メインウインドウのトラックに記録されることもありません。

図。フィジカルインプットオブジェクト。

フィジカルインプットオブジェクトを作成する

  • 「新規」>「フィジカルインプット」と選択します。

オブジェクトがすでにある場合、目的のレイヤーにドラッグして使用することができます。その際、ケーブル接続は変わりません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?