Logic Pro X: コードメモライザーのパラメータ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
コードメモライザーのパラメータ

コードメモライザーオブジェクトには以下のパラメータがあります:

図。コードメモライザーオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。
  • 「チャンネル」フィールド: 定義したチャンネルにすべての音が送られます。

  • 「キー範囲」フィールド: この範囲のノートがコードにマッピングされます。範囲外のノートは、そのまま通過します。

  • 「トランスポーズ」ポップアップメニュー: ここで設定した値を基に、出力コードがトランスポーズされます。たとえば、C、E、GからなるコードにCをマッピングして、「トランスポーズ」を1に設定すると、Cを押したときにC#、F、G#が出力されます。

  • 「キー」フィールド: ここで設定した値を基に、コードマップ全体がトランスポーズされます。たとえば、C、E、GにCをマッピングして、キーを1に設定すると、C#を押したときにC#、F、G#が出力されます。

  • 「ケーブルスプリット」チェックボックス: コードの割り当てによって発生したすべてのノートを複数の異なるコードメモライザーオブジェクト出力(複数の異なるケーブル)に送る場合に、選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?