Logic Pro X: コードメモライザーオブジェクトの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
コードメモライザーオブジェクトの概要

コードメモライザーは、個々のノートをコードにマッピングします。1つのコードを各ピッチのクラス(C、C#、Dなど)に割り当てることができます。

受信したノートのオクターブにより、再生するコードのオクターブが決まります。コードには、0-12個のノートを使うことができます。(スケールフィルタやスケールコレクタを作成する場合は、コードの数を0または1にすることができます。)

コードメモライザーの最も簡単な使いかたは、コードを演奏する音源にその出力を接続して、トラックに割り当てる方法です。もちろん、MIDI信号パス上の任意の個所に配置することもできます。

図。コードメモライザーオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

新しいコードメモライザーを作成する

  • 「新規」>「コードメモライザー」と選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?