Logic Pro X: ディレイラインのパラメータ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ディレイラインのパラメータ

ディレイラインオブジェクトには以下のパラメータがあります:

図。ディレイラインオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。
  • 「オリジナルをスルー」チェックボックス: 選択すると、オリジナルのイベントがそのまま通過します。選択を解除すると、オリジナルのイベントは抑制され、エコーのみが聞こえるようになります。

  • 「繰り返し」フィールド: イベントを繰り返す回数を指定します。0に設定すると、ディレイラインがオフになります。

  • 「ディレイ」フィールド: 繰り返しノート間のディレイタイムです。左の値はディビジョン単位、右の値はティック単位です。

  • 「トランスポーズ」ポップアップメニュー: 繰り返しノートごとのノートイベントのトランスポーズを定義します。

  • 「ベロシティ」フィールド: 繰り返しノートごとのノートイベントのベロシティ値の変化を定義します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?