Logic Pro X: メタイベントを使って条件/操作の値を制御する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
メタイベントを使って条件/操作の値を制御する

トランスフォーマーの条件や操作の値は、メタイベントを使用して制御することができます。メタイベントは「Logic Pro」の内部メッセージで、MIDIコントローライベントに似た形式を持ちます。ただし、MIDI定義は持たず、「Logic Pro」の外部に送られることはなく、「Logic Pro」の内部パラメータを制御します。

MIDIコントローライベントと同じように、メタイベントには2つのデータ値があります: 1つはメタイベントのタイプを示し(49-127の範囲、一部は使用されない)、もう1つはイベントの値(0-127)です。

メタイベント122-127は、トランスフォーマーパラメータを制御します。

  • メタイベント#127は、最初(最上位)の操作の値を設定します。

  • メタイベント#126は、2番目(最下位)の操作が有効である場合、その値を設定します。

  • メタイベント#125は、最初(最上位)の条件値を設定します。

  • メタイベント#124は、2番目(最下位)の条件が有効である場合、その値を設定します。

注記:トランスフォーマーは、上記以外のメタイベントならば処理できます。

使用される数値条件および数値操作のパラメータは(条件が「すべて」でなく、操作が「スルー」に設定されていない場合)、いずれも同じメタイベントで制御されます。状態条件や状態操作は、メタイベントの影響を受けません。

数値パラメータを個々に設定したり、一部に固定値を使用したりするには、複数のトランスフォーマーを直列接続して使用してください。

  • メタイベント#123は、トランスフォーマーのマップ位置を設定します。

  • メタイベント#122は、トランスフォーマーのマップ位置を現在のマップ位置に設定します。(最初にメタイベント#123で位置を設定します。)

注記:トランスフォーマーのマップセット操作により、これら2つのメタイベントを同時に作成できます。操作ステータスをマップセットに設定した場合、「データバイト1」パラメータがマップ位置を指定し、「データバイト2」パラメータがその位置のマップ値を指定します。(メタイベント#122は「データバイト1」の値と共に送られ、続いてメタイベント#123が「データバイト2」の値と一緒に送られます。)

フェーダーオブジェクトを使ってメタイベントを作成したり、トランスフォーマーでMIDIイベントをメタイベントに変換したり、イベントリストからMIDIリージョンにメタイベントを追加したりすることが可能です。フェーダーを使用する際に出力定義をメタに設定し、「データバイト1」の値をメタイベント番号に設定します。

フェーダーは、入力定義を変更することによってリモート制御できます。これにより、フェーダー(および別のトランスフォーマー)を使ってMIDIイベントをメタイベントに変換し、トランスフォーマーをリモート制御することが可能になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?