Logic Pro X: アルペジエータのパラメータ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
アルペジエータのパラメータ

アルペジエータには以下のパラメータがあります:

図。アルペジエータオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。
  • 「方向」ポップアップメニュー: アルペジオの方向を指定します。以下のいずれかの設定を選択できます:

    • アップ: 最低音から最高音に上昇アルペジオを行います。

    • ダウン: 最高音から最低音に下降アルペジオを行います。

    • アップ/ダウン: 上昇アルペジオと下降アルペジオを続けて行います。最高音と最低音が2回鳴ります。

    • オートメーション: 2番目の音が最初の音の前に来るか、後に来るかによって、上昇か下降かが決まります。

    • アップ/ダウン2: 上昇アルペジオと下降アルペジオを続けて行います。ただし、最高音と最低音は2回鳴りません。

    • ランダム: アルペジオをランダムに行います。

    • すべて: すべての音を同時に鳴らします(「繰り返す」が有効の場合に便利です)。

  • 「ベロシティ」フィールド: アルペジオで演奏するノートのベロシティを決めます。以下のいずれかの設定を選択できます:

    • 1-127: 固定ベロシティ値を使用します。

    • オリジナル: 録音されたノートのベロシティをそのまま使用します。

    • ランダム: 1からオリジナルの値までの範囲のベロシティをランダムに使用します。

  • 「キー範囲」フィールド: アルペジオコードのピッチ範囲を定義します。この範囲外の音は、出力に直接送られます。アルペジオのコードの上の音でソロ演奏をする場合や、コードよりも下の音でベースラインを演奏する場合に便利です。

  • 「分解能」ポップアップメニュー: アルペジオのリズムノート値(分音の速度)を設定します。「なし」を設定すると、アルペジエータはオフになります。

  • 「長さ」ポップアップメニュー: アルペジオで演奏するノートの長さを定義します。「オリジナル」設定は、受信(または録音)したノートの長さをそのまま使用します。

  • 「スナップ」ポップアップメニュー: この値を「なし」以外に設定すると、アルペジエータは、次の指定分音に「Logic Pro」が達するのを待ってから、アルペジオを開始します。アルペジオとほかのMIDIデータとのリズムを合わせる場合に便利です。

  • 「繰り返す」チェックボックス: このオプションを選択すると、コードを押さえている間、アルペジオが繰り返されます。選択を解除すると、アルペジオは1回で終わります。

  • 「オクターブ」フィールド: 1-10オクターブまで、アルペジオを繰り返します。

  • 「クレッシェンド」フィールド: ここで設定したベロシティの値が、アルペジオを繰り返すたびに追加されていきます(「繰り返す」パラメータが選択されている必要があります)。

  • 「ベースをコントロール」フィールド: アルペジエータオブジェクトの10個のパラメータはすべて、MIDIの連続コントローライベントで制御が可能です。「ベースをコントロール」パラメータは、最初のパラメータ(「方向」)のコントローラ番号を決定します。そのほかのパラメータは、これに続くコントローラ番号によって制御されます。

    「ベースをコントロール」の選択を解除すると、アルペジエータのMIDI制御は無効になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?