Logic Pro X: マクロオブジェクトの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
マクロオブジェクトの概要

マクロは、実際にはエンバイロメントオブジェクトではありません。ほかのエンバイロメントオブジェクトとケーブル接続をまとめたものです。マクロは、多くの点で標準のエンバイロメントオブジェクトと共通しています。たとえば、ケーブル接続やサイズ変更が可能で、独自のパラメータとアイコンを持ち、トラックリストで送り先として選択することができます。「エンバイロメント」ウインドウの別のレイヤーや別のプロジェクトへのコピーやドラッグ操作も可能です。

マクロの数には制限があります。制限は、マクロに含まれる各オブジェクトがメモリをどのくらい使用するかによって異なりますが、通常は100-200個ほどです。

マクロは入れ子にでき、マクロ内にマクロをオブジェクトとして含めることができます。

図。マクロオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

マクロには以下のパラメータがあります:

  • 「オートフェーダー」チェックボックス: フェーダーグループを選択してマクロを作成した場合、このチェックボックスを選択すると、フェーダーが直列に接続されたように機能します。

  • 「すべてを表示」チェックボックス: マクロに組み込んだ際に表示するオブジェクトを決定します。選択すると、すべてのオブジェクトが表示されます(オブジェクトの一部を隠すようにマクロのサイズが変更されていない場合)。選択を解除すると、フェーダー、モニタ、オーナメント、およびキーボードオブジェクトのみが表示されます。このチェックボックスはいつでも選択/選択解除できます。

  • 「リセット無効」チェックボックス: 選択すると、リセットメッセージ(「Logic Pro」>「環境設定」>「MIDI」>「リセットメッセージ」で設定)に対するマクロの応答が無効になります。

  • 「保護されています」チェックボックス: マクロを保護するときに選択します。保護されたマクロは解除できなくなるため、マクロを保護する前に必ずオブジェクトとケーブル接続のコピーを作成するようにしてください。

新しいマクロを作成する

  • マクロに含めるエンバイロメントオブジェクトをすべて選択し、「新規」>「マクロ」と選択します。

    選択したすべてのオブジェクトがグレイの背景のフレームで囲まれます。

マクロを作成する際に選択したオブジェクトから未選択のオブジェクトにケーブルが接続されている場合は、これらのケーブルは削除され、マクロが作成されます。その際、警告が表示されます。この場合、最初に選択したオブジェクトのコピーからマクロが作成され、オリジナルの選択は変更されずに残ります。

マクロを解除する

  • マクロオブジェクトの何もない(空の)部分をダブルクリックします。

    マクロに含まれていたオブジェクトとケーブルが元の状態に復元されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?