Logic Pro X: キーボードオブジェクト

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
キーボードオブジェクト

キーボードオブジェクトを使用すると、マウス操作でノートを作成することができます。キーボードオブジェクトには、そこを通過するすべてのノートが表示されます。このため、リアルタイムのMIDIノートオンモニタと考えることもできます。キーボードの出力を「Logic Pro」で録音することもできますが、主な目的はエンバイロメントをテスト/モニタリングすることにあります。

図。キーボードオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

キーボードには以下のパラメータがあります:

  • 「チャンネル」フィールド: キーボードの出力用のMIDIチャンネルを設定します。

  • 「ベロシティ」フィールド: すべてのノートに対する固定ベロシティ値を指定します。

  • 「最低」フィールド: キーボードオブジェクトの一番下のノートのオクターブを定義します。キーボードのサイズを変更すると、一番下のノートより上の範囲を調整することができます。

キーボードオブジェクトを作成する

  • 「新規」>「キーボード」と選択します。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?