Logic Pro X: エイリアスのパラメータ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
エイリアスのパラメータ

エイリアスは親(オリジナル)オブジェクトのパラメータを共有しますが、独自の特殊なパラメータも持っています:

図。エイリアスオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。
  • 「リファレンス」ポップアップメニュー: エイリアスのオリジナルを選択します。

  • 「チャンネル」フィールド: エイリアスから選択チャンネルに送られるすべてのイベント(フェーダーイベントを除く)を割り当て直します。設定を「すべて」にすると、既存のイベントのチャンネルは変更されずに使用されます。

    フェーダーの場合、「チャンネル」パラメータの設定により、オリジナルのフェーダーの入力/出力の定義が指定のチャンネルに設定された状態になります。(「すべて」を設定すると、変更されません。)

  • 名前を共有/サイズを共有: これを選択すると、エイリアスと元のオブジェクトのサイズと名前が共有されます。選択を解除すると、独自にサイズと名前を指定することができます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?