Logic Pro X: エイリアスオブジェクトの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
エイリアスオブジェクトの概要

エンバイロメントオブジェクトでは、いずれもエイリアスの作成が可能です。エイリアスはオリジナルのオブジェクトとまったく同じ働きをします。

フェーダーのエイリアスは、元のオブジェクトとの間に依存関係はなく、異なる値でもかまいません。この機能は特に、メモリ消費量の多いテキストフェーダーを使用するときに役立ちます。同じ名前のテキストフェーダーがいくつか必要な場合は、元のオブジェクトから必要な数のエイリアスを作成してください。

エイリアスは、メタイベントで再割り当てできます。これには、エイリアスアサイナーと呼ばれる、ケーブルスイッチャーのような働きをする特殊なフェーダーを使用します。

図。エイリアスアサイナーオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

オブジェクトのエイリアスを作成する

  • オブジェクトを選択して、「新規」>「エイリアス」と選択します。

エイリアスアサイナーを作成する

  • 「新規」>「フェーダー」>「スペシャル」>「エイリアスアサイナー」と選択します。

    「-1-」の定義が「46」に設定されたメタフェーダーが作成されます。

エイリアスアサイナーを使用するには、その最上位の出力をエイリアスに接続し、エイリアスに割り当てるオリジナルのオブジェクトに以降の出力を接続します。エイリアスアサイナーの最大範囲をオリジナルと同じ数に、最小範囲を1に設定した場合、次のケーブルを新しいエイリアスに、続くケーブルをエイリアスのオリジナルに接続することができます。このようにして、エイリアスアサイナーを使用すると、複数のエイリアスの割り当てを同時に処理することができます。

エイリアスアサイナーを使用するケースとしては、それぞれ異なるディレイタイムに設定された複数のオリジナル(異なるディレイラインオブジェクト)の間でディレイラインエイリアスを切り替える場合が考えられます。この方法は、MIDIでディレイタイムを制御する1つの方法です。

エイリアスをコピーすると、同じオリジナルを使用した新しいエイリアスが作成されます。エイリアスとオリジナルの両方を選択してコピーした場合は、オリジナルのコピーが作成され、そのエイリアスが別個にできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?