Logic Pro X: SysExメッセージを使って作業する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
SysExメッセージを使って作業する

SysEx Fader Editorウインドウでは、いくつかの方法でSysExメッセージを入力できます。

フェーダーにSysEx文字列を学習させる

  1. ウインドウの右上隅にある「MIDI入力」ボタンをクリックします。

    図。SysEx Fader Editorウインドウで「MIDI入力」ボタンをオンにする。
  2. デバイス上でパラメータを変更します。

対応するSysExメッセージが表示されます。SysEx文字列をイベントリストに入力することで、SysExフェーダーウインドウにSysExメッセージを入力することもできます。(お使いのMIDIデバイスのマニュアルでSysExに関する説明を参照してください。)

SysEx文字列を手動で入力する

  • 「イベントタイプ」ポップアップメニューから「SysEx」を選択して、「イベントを追加」ボタンをクリックします。

    図。SysEx Fader Editorウインドウ。

    一般的なSysExメッセージが表示されます。

    • 先頭行の最初のデータバイト(「SysEx」という文字の直後にある「番号」列の数値)は、メーカーのIDです。複数のデータバイト長が使用される場合があります(MIDIデバイスのメーカー数は128を超えるためです)。

    • メーカーIDの後は一般的に、デバイスタイプID、デバイスID、データ・タイプID(複数バイトの場合あり)と続き、必要に応じてマルチティンバーのサブチャンネル数、サウンドパラメータの識別番号が1つ以上、そしてサウンドパラメータの値が続きます。ただし、統一基準はありません。

    • データバイトは通常、10進数で入力されます。16進形式にするには、入力する値の先頭に「$」を入れます。「表示」>「SysExデータを16進数で表示」と選択すると、すべての値を16進数で表示されます。

    • 最後のデータバイト(SysExメッセージの末尾であることを示すEOX)は「Logic Pro」によって自動的に入力されます。SysExメッセージ内のデータバイトの数は、「EOX」という文字の前後にあるプラスボタンとマイナスボタンをクリックすることで増やしたり減らしたりできます。

SysExフェーダーのイベントリストには(あらゆるタイプの)メッセージをいくつでも入力できますが、フェーダー値は1つだけなので、選択したメッセージすべてにこの値が使用されます。

同じような方法により、SysExフェーダーウインドウでは、あらゆるタイプのMIDI/メタイベントを作成することができます。Commandキーを押しながら8つのイベントタイプ(ノート、プログラム番号、ピッチベンド、コントローラ、チャンネルプレッシャー、ポリプレッシャー、SysEx、メタイベント)のボタンのいずれかをクリックすると、そのタイプの新しいイベントが作成されます。メタイベントの作成には、0と1が描かれたボタンを使用します。

表示されるSysEx文字列中、「SUM」はチェックサムを、「VAL」はフェーダー値を表します。

SysExイベントのチェックサムと値を設定する

  1. 変更対象のイベントを選択します。

  2. 「チェックサム」ポップアップメニューと「値」ポップアップメニュー(ウインドウの右下隅にあります)からオプションを選択して、これらのバイトの形式を設定します。

    • チェックサムの形式: チェックサムは、以下のいずれかの形式で作成できます:

      • Roland

      • Yamaha

      • 標準チェックサム

      • 2's com

      • 1's com

      使用するMIDIデバイスで対応する形式が不明の場合は、まず「オフ」(チェックサムなし)か「2の補数」を試してください。

    • 値バイトの位置: 「位置」メニューでは、値バイトの位置を設定することができます。この位置は、メッセージの末尾から数えたバイト数で指定します。「最後」はEOXバイトの直前の位置で、「最近の1」はその前の位置となります。「自動」の場合、値バイトは、チェックサムが未選択ならばSysEx文字列の最後に挿入され、チェックサム値を入力していれば最終バイトの1つ前に挿入されます。

    • 値バイトの形式: 値のオプションごとにどのようなデータフォーマットで送信されるかを次の表にまとめておきます: (ニブル形式における不使用のビット(「0XXXNNNN」の「X」の部分)は、SysEx文字列の情報と共に送信されます。これらのビットを送信する場合は、SysEx文字列内にゼロとして入力してください。)

    値のオプション

    結果

    自動

    値範囲の上限が127以下の場合は、1バイト形式で送られます。上限が127を超える場合は、2バイトとして送られます。MSB(最上位バイト)が先になります。

    1バイト

    値は1バイト形式で送られます。

    MSB/LSB

    2バイト形式で、MSB(最上位バイト)が先になります。

    LSB/MSB

    2バイト形式で、LSB(最下位バイト)が先になります。

    BCD 4 LSB

    4バイトのBCD(Binary Coded Decimal)形式で、1、10、100、1000の順になります。

    BCD 4 MSB

    4バイトのBCD(Binary Coded Decimal)形式で、1000、100、10、1の順になります。

    2ニブルL

    2ニブル形式で、最下位ニブルが先になります。

    3ニブルL

    3ニブル形式で、最下位ニブルが先になります。

    4ニブルL

    4ニブル形式で、最下位ニブルが先になります。

    2ニブルM

    2ニブル形式で、最上位ニブルが先になります。

    3ニブルM

    3ニブル形式で、最上位ニブルが先になります。

    4ニブルM

    4ニブル形式で、最上位ニブルが先になります。

    2 ASCII M

    2ニブル形式で、最上位ニブルが先になります。各ニブルは16進値をASCII形式で送ります。たとえば、値$7F(10進数ならば127)は、7とFで送信されます。

    3 ASCII M

    2 ASCII M」と同様ですが、3ニブル形式をとります。

    4 ASCII M

    2 ASCII M」と同様ですが、4ニブル形式をとります。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?