Logic Pro X: 特殊なフェーダーの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
特殊なフェーダーの概要

エンバイロメントには、特定の機能を実行するための特殊なフェーダーオブジェクトが用意されています。

ケーブルスイッチャー、エイリアスアサイナー、およびメタメッセージは、MIDIイベントを生成しないタイプのフェーダーです。これらには、同じ出力定義タイプ(現在の「-1-」値の設定に応じて、スイッチまたはメタ)が使用されます:

  • 「-1-」値が48の場合は、ケーブルスイッチャーになります。

  • 「-1-」値が46の場合は、エイリアスアサイナーになります。

  • 「-1-」値がその他の値の場合は、「-1-」値に対応するタイプのメタメッセージが送信されます。

ケーブルスイッチャーを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「新規」>「フェーダー」>「スペシャル」>「ケーブルスイッチャー」と選択します。

  • 既存のフェーダーの出力定義をスイッチ/メタに変更し、その「-1-」の値を「48」に設定します。

エイリアスアサイナーを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「新規」>「フェーダー」>「スペシャル」>「エイリアスアサイナー」と選択します。

  • 既存のフェーダーの出力定義をスイッチ/メタに変更し、その「-1-」の値を「46」に設定します。

メタ・タイプ・フェーダーを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「新規」>「フェーダー」>「スペシャル」のメニューから選択します。

  • 既存のフェーダーの出力定義をスイッチ/メタに変更し、その「-1-」の値を希望のメタイベント番号に設定します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?