Logic Pro X: ベクトルフェーダー

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ベクトルフェーダー

ベクトルフェーダーは、ジョイスティックのように機能します。上下方向と左右方向の2方向に動かすことができます。上下と左右のそれぞれでMIDIイベントが発生し、マウスで十字の位置を動かすごとに2つのMIDIイベントが送られます。

図。ベクトルフェーダーオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

ほとんどのフェーダーには、フェーダーから送信されるMIDIイベント(出力)と、フェーダーが反応するMIDIイベント(入力)を判断するために、入力定義と出力定義があります。(フェーダーの機能: 範囲、値を表示を参照してください。)

ベクトルフェーダーには、入力定義と出力定義の代わりに、縦方向と横方向の動きに対応するMIDIイベントを判断するための「縦」定義と「横」定義があります。対応するMIDIイベントをベクトル・スタイル・フェーダーで受信すると、それに応じて十字の表示がアップデートされます。

ベクトルフェーダーの「縦」と「横」の定義を同じMIDIイベント(同じMIDIコントローラとチャンネル)に設定すると、十字を動かすたびにベクトルフェーダーから同じMIDIイベントが送信されます。ただし、これらは「縦」の定義で設定したチャンネルから始まる4つの連続したMIDIチャンネルで送られます。

  • 左上: 最下位のチャンネル(チャンネル3など)

  • 右上(チャンネル4)

  • 左下(チャンネル5)

  • 右下(チャンネル6)

これらのMIDIイベントの値は、ベクトルフェーダーの四隅から十字までの距離に対応しています:

  • 中央にある場合、すべてのチャンネルで受け取る値は32です。

  • 隅にある場合は、対応するチャンネルで値127を受信し、ほかのチャンネルが受け取る値は0になります(デフォルトの0-127の範囲を使用した場合)。

範囲を変更すると、中央と隅での反応は異なるものになりますが、4つの値の合計は常に125になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?