Logic Pro X: フェーダーの機能: フィルタ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
フェーダーの機能: フィルタ

MIDIイベントの各種フィルタオプションを決めるパラメータです。

  • オフ: 受信したすべてのイベントを通過させます。入力定義に一致するイベントは、出力定義に従って変換します。

  • その他: 入力定義に一致しないすべてのMIDIイベントをフィルタで除外します。入力定義に一致するイベントは、出力定義に従って変換し、通過を許可します。

  • 適合: 入力定義に一致するすべてのMIDIイベントをフィルタで除外し、それ以外のイベントを通過させます。

  • すべて: 受信したすべてのMIDIイベントをフィルタで除外します。

  • スルー: フィジカルインプットオブジェクトから送られたすべてのMIDIイベントをフィルタで除外します。これは、「Logic Pro」(リージョンまたはエンバイロメント)からのイベントをすべて無効にした場合と同じです。

    このフィルタモードでは、受信したMIDIイベントをブロックして送り返されないようにすることで、MIDIフィードバックを防ぐことができます。

  • ショット: マウスでフェーダーを動かしたときに、最終的な値(マウスボタンを放したときの値)のみが送られます。

  • 14ビット: このフィルタ設定は、使いかたによって結果が異なります。

    • ピッチベンドと組み合わせることで、2バイトの(微調整)ピッチ・ベンド・イベントが可能になります。

    • コントローラメッセージと一緒に使用すると、フェーダーからMSB(Most Significant Byte)とLSB(Least Significant Byte)用の2つのMIDIコントローラメッセージが送信されます。

    注記:フェーダーの入力定義と出力定義が同じでないと、「14ビット」設定は機能しません

    コントローラの場合、MSBでは入力定義のコントローラ番号が使用され、LSBではコントローラ番号32(またはそれより大きい番号)が使用されます。これは、14ビットのコントローラデータを送信するMIDI標準に準拠した設定となっています。

    このフィルタ設定を選択するときは、フェーダーの範囲の最大値に16,383を設定できます。フェーダー値8192は、ピッチベンドなしを示します。

  • フィードバック: 「フィードバック」パラメータを無効(選択解除)にすると、ケーブルのループ接続によるフィードバックループが自動的に回避されます。(特定のMIDIイベントがフェーダーを通過したことが記憶されるので、再度通過することが許可されなくなります。)

    ただし、MIDIイベントがスイッチを通過した後でケーブルスイッチャーの位置を変更するなど、フィードバックが必要になることもあります。この場合は、「フィードバック」チェックボックスを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?