Logic Pro X: フェーダーの機能: MIDIイベント

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
フェーダーの機能: MIDIイベント

各フェーダーには入力定義と出力定義があります。

  • 入力定義: フェーダーをリモート制御できるMIDIイベントが決まります。

  • 出力定義: フェーダーから送られるMIDIイベントのタイプが決まります。

このため、フェーダーではMIDIイベントのタイプを変換できます。ほとんどのMIDIイベントは、以下の3つのバイトから構成されています:

  • バイト1は、MIDIイベントのタイプとチャンネル(チャンネル3のノートなど)を示します。

  • バイト2は、最初のデータ値を示します(ノートイベントのピッチなど)。

  • バイト3は、2番目のデータ値を示します(ノートイベントのベロシティなど)。

一部のMIDIイベント(プログラムチェンジやアフタータッチ)では、2つのバイトのみが使用されます。フェーダーやトランスフォーマーでは常に3つのバイトが送られ、これら特殊な2バイトのメッセージを受信すると、2つ目のバイトは破棄されます。

フェーダーのパラメータでは、メッセージタイプ、MIDIチャンネル、および最初のデータ値の設定が可能です。メッセージタイプとMIDIチャンネルは組み合わされて、送信されるMIDIイベントに含まれます。2つ目のデータ値は、フェーダーの設定により決まるか、フェーダーをMIDIでリモート制御する場合は、受信するMIDIイベントにより決定されます。

以下は、入力/出力定義に使用されるパラメータです:

  • Output(またはInput): イベントタイプを設定します。

  • チャンネル(1-16): イベントのMIDIチャンネルを定義します。

  • -1-(0-127): イベントの第1データバイトを定義します。ピッチベンドなどでは、これは実際のデータ値になります。MIDIコントローラなどの場合は、コントローラタイプ(音量、パンなど)を示します。アフタータッチなどの場合、このバイトは使用されません。

以下に「-1-」パラメータの各オプションと、フェーダー位置による影響(入力定義と出力定義の両方)について説明します:

  • Note: 「-1-」パラメータによりピッチを設定し、フェーダー位置でベロシティを設定します。これは、入力定義に最も有効で、特定のノートを取り込んでほかのMIDIイベントに変換したり、単にベロシティをモニタリングしたりするのに使用できます。出力定義を「ノートオン」に設定してフェーダーを動かした場合は、ノートオンの直後にノートオフのMIDIイベントが作成されます。これは、ボタンスタイルのフェーダーから画面上にドラムパッドを作成するような場合に役立ちます。

  • P-Press: 「-1-」パラメータによりピッチを設定し、フェーダー位置でポリプレッシャー(キーを押す力/ポリフォニックアフタータッチ)の量を設定します。

  • Control: 「-1-」パラメータによりMIDIコントローラ番号(コントローラタイプ)を設定し、フェーダー位置でコントローラ値を設定します。コントローラタイプは名前で選択します。「‑1-」パラメータをクリックしたままにするとポップアップメニューが表示されるので、ここから選択します。

  • Program: 「-1-」パラメータは無視されます。フェーダー位置によりプログラム番号が決まります。

  • C-Press: 「-1-」パラメータは無視されます。フェーダー位置により、チャンネルプレッシャー(モノフォニックアフタータッチ)の量が設定されます。

  • PitchBd: 「-1-」パラメータによりピッチベンドのLSBを設定し、フェーダー位置でMSBを設定します。一般的に「-1-」パラメータを0に設定し、フェーダーにより、およそのピッチベンド量を調整します。「-1-」を0にし、フェーダー位置を64にすると、ピッチベンドは発生しません。

SysExおよびスイッチャー/メタ機能は、フェーダーの特殊機能です。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?