Logic Pro X: フェーダーの動作を再生する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
フェーダーの動作を再生する

ミキサーのチャンネルストリップと同じように、フェーダーオブジェクトの動きをトラックに記録して再生することができます。

フェーダーから出力されるデータの記録には、特殊なケーブル接続を行う必要はありません。フェーダーから出力されるデータはすべて、「Logic Pro」が録音または録音/一時停止モードの場合、選択したトラックに記録されます。

フェーダーはいずれも、入力定義に一致する入力イベントに反応します。当然、フェーダーはMIDI信号パス上に配置されている必要があります。通常、この操作を行うには、トラック音源をフェーダーにケーブル接続します。

ただし、フェーダーオブジェクトのオートメーションタスクの場合は、オートメーション用に新しい(標準)音源を作成すると便利です。音源が以下の条件を満たしている必要があります:

  • MIDIの直接出力がないこと

  • 「チャンネル」設定が「すべて」であること

  • (シリアル接続されている場合は)最初のフェーダーに接続されていること

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?