Logic Pro X: 「Touch Tracks」ウインドウ

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
「Touch Tracks」ウインドウ

Touch Tracksオブジェクトをダブルクリックすると、「Touch Tracks」ウインドウが開きます。

図。「Touch Tracks」ウインドウ。

このウインドウは、「マップドインストゥルメント」ウインドウに似ています。入力ノートは左側のキーボードで選択し、出力リージョンの割り当てやパラメータはその行の列で設定します。マップドインストゥルメントについて詳しくは、マップドインストゥルメントオブジェクトの概要を参照してください。

縦線は、設定が上の行と同じであることを示します。縦線の下の行も同じ縦線である場合に上の行を変更すると、下の行には以前の値が表示されるようになります。(上の行の変更には従いません。)

  • ノートをリージョンに割り当てる: MIDIリージョンまたはフォルダを「エンバイロメント」ウインドウにドラッグすると、自動的にTouch Tracksオブジェクトが作成されます。すべてのノートは(最初に)このリージョンをトリガします。中央のCは、オリジナルのピッチでリージョンやフォルダを再生し、ほかのノートは、中央のCを基準にトランスポーズして再生します。

    「入力名」列には入力ノートが表示され、右の「リージョン/フォルダ」列には割り当てられたリージョン/フォルダの名前が表示されます。左側のキーボードでは、個々のノートを選択したり、いくつかのキー上をドラッグしてピッチの範囲を選択したりできます。これでメインウインドウからMIDIリージョンやフォルダをドラッグすると、選択したノート(またはノートの範囲)にのみ割り当てられます。

  • Group: ステップエディタのグループと同じように機能します。あるリージョンをトリガすると、同じグループ内のほかの(再生中の)リージョンは停止します。「オフ」設定は、リージョンがいずれのグループにも割り当てられていないことを示します。

  • トランスポーズ: 「Touch Tracks」ウインドウのキーにリージョンをドラッグすると、そのキーによりリージョンがオリジナルのピッチで(トランスポーズせずに)再生されます。リージョンをトランスポーズするには、「トランスポーズ」列でトランスポーズの量を設定します。

    キー範囲が選択されている場合、「Touch Tracks」ウインドウにリージョンをドラッグすると、(キー範囲内の)近辺のキーに対して自動的にトランスポーズが増分して設定されます。

    リージョンを「エンバイロメント」ウインドウにドラッグしてTouch Tracksオブジェクトを作成した場合、C3キーを押すとリージョンが通常のピッチでトリガされ、ほかのキーを押すと(C3を基準に)それぞれトランスポーズして再生されます。

  • ベロシティ: 「ベロシティ」列では、トリガノートのベロシティ値に対するリージョンの感度を設定します。100 %であれば非常に強く反応し、50 %は中程度、オフにするとベロシティに反応しません。

  • トリガモード: 「トリガ」列は、リージョンの再生方法を設定します。

    • マルチ: トリガノートを押すと、リージョンの再生が始まります。もう一度押すと、最初に始めたリージョンの再生を止めずに、さらにリージョンの再生を始めます。

    • シングル: トリガノートを押すと、リージョンの再生が始まります。もう一度押すと再生が止まり、リージョンの再生がもう一度始まります。

    • ゲート: トリガノートを放すまで(またはリージョンが終わるまで)、リージョンの再生が続きます。

    • ゲートループ: トリガノートを放すまで、リージョンが繰り返し再生されます。

    • 切り替え: トリガノートを押すと、リージョンの再生が始まります。もう一度押すと、再生が止まります。

    • ループ切り替え: トリガノートを押すと、リージョンのループ再生が始まります。もう一度押すと、再生が止まります。

  • 開始: このカラムでは、リージョンの開始と終了のクオンタイズを設定します。「自由」を選択した場合、クオンタイズは実行されません。「次の1/16」、「次の1/4」、または「次の1/1」はそれぞれ、トリガノートを鳴らしたときにリージョンの再生を開始/終了するタイミングとして、次の1/16分音符か1/4分音符の位置、または次の小節の先頭を使用します。

  • ディレイ: このカラムでは、リージョンの開始点に遅延を割り当てます。設定する遅延は、列の右側にティック単位で表示されるか、左側のノート値で表示されます。「ディレイ」と「開始」を使用すると、リージョンを再生する位置を小節内の任意の個所に設定できます。たとえば、「開始」を1/1にして、「ディレイ」を480ティックに設定すると、小節内の2つ目の1/8分音符の位置から再生が始まります。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?