Logic Pro X: Touch Trackオブジェクトの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
Touch Trackオブジェクトの概要

Touch Tracksオブジェクトを使用すると、1つのノートイベントでMIDIリージョンやフォルダの演奏を開始できます。この機能では、リアルタイムで新しいアレンジメントを作成できることから、ライブ演奏には理想的な形となります。

図。Touch Tracksオブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

Touch Tracksを使用してオーディオをトリガすることはできません。「リージョン」とは、フォルダとMIDIリージョンのことで、オーディオリージョンを指すものではありません。このような制限はありますが、オーディオリージョンを(ファイルとして)EXS24 mkIIに読み込み、Touch Tracksで演奏するという方法は可能です。

以下に、注意点を示します:

  • Touch Tracksでは入力のみが使用されるため、トリガノートはここで発生する必要があります。Touch Tracksオブジェクトには出力を示す三角形も付いていますが、イベントがここから発生することはないので、これは無効です。

  • Touch TracksでトリガされたMIDIリージョンやフォルダは、メインウインドウの場合とまったく同じように再生されます。再生は、トラックに割り当てられた音源から行われます。

  • Touch Tracksを機能させるには、「Logic Pro」を起動しておかなければなりません。

Touch Tracksオブジェクトを作成する

以下のいずれかの操作を行います:

  • エンバイロメントのローカルメニューバーで、「新規」>「Touch Tracks」と選択します。

  • トラック領域からMIDIリージョンまたはフォルダを「エンバイロメント」ウインドウにドラッグします。

Touch Tracksオブジェクトを使う

以下のいずれかの操作を行います:

  • Touch Tracksオブジェクトをトラックに割り当てます。

  • Touch TracksオブジェクトをMIDI信号パス内に配置します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?