Logic Pro X: カスタムのバンクセレクト

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
カスタムのバンクセレクト

「Logic Pro」には、それぞれの標準音源、マルチインストゥルメント(サブチャンネルを含む)、またはマップドインストゥルメントオブジェクトに16のバンク番号(0-15)が用意されています。これらのバンクについては、あらゆる種類のイベント(SysExも可)を必要なだけ含むカスタムリストの作成が可能です。

バンクを手動で変更する場合、または「Logic Pro」から標準のバンク・チェンジ・メッセージを送信する場合は、そのバンクのリスト全体がサウンドモジュールに送信されます。

カスタマイズしたバンク・セレクト・メッセージを設定する

  1. バンク・セレクト・メッセージの定義対象となる音源を選択します。

  2. 「オプション」>「カスタム・バンク・メッセージを定義」と選択します。

    デフォルトのバンク・セレクト・メッセージ(バンク0-15)が1つ表示された、イベントリストに似たウインドウが開きます。(MIDIコントローラ#0メッセージがデフォルトで使用されます。値がバンク番号です。)

    図。カスタム・バンク・メッセージが表示されたイベント・リスト・ウインドウ。

    イベントリストと同じように、ここでカット、コピー、挿入、編集操作を使ってMIDIイベントを作成できます。(イベントの編集の概要を参照してください。)唯一、時間位置ではなく、バンク番号を入力する点が異なります。

    バンク番号に続く括弧内の文字により、バンクセレクトで複数のメッセージを使用する場合の送信順序を制御できます。

    イベントが定義されていないバンクについては、標準のバンク・セレクト・メッセージが送信されます。

    チャンネルを必要とするバンクメッセージ(MIDIコントローラメッセージなど)の場合は、音源のチャンネルが使用されます。16のすべてのサブチャンネルにバンクメッセージを1セット作成するだけで済むことから、特にマルチインストゥルメントを使用する場合に便利な方法です。音源のチャンネルが「すべて」に設定されている場合は、チャンネル1が使用されます。

カスタマイズしたバンクセレクト情報は、音源の一部として扱われ、音源オブジェクトを複製する場合に自動的に一緒にコピーされます。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?