Logic Pro X: 標準音源パラメータ

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
標準音源パラメータ

標準音源には以下のパラメータがあります:

図。標準音源オブジェクトとそのインスペクタが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。
  • 「ポート」ポップアップメニュー: MIDIアウトプットポートへの直接接続の設定に使用します。音源オブジェクトからは、ほかのエンバイロメントオブジェクトへも直接接続をしてMIDI処理を行うことができます。

  • 「チャンネル」ポップアップメニュー: 音源の出力用のMIDIチャンネルを設定します。このパラメータを「すべて」に設定すると、すべてのイベントの送信にオリジナルのチャンネル設定が使用されます。

  • 「プログラム」、「ボリューム」、「パン」: プログラムチェンジ、音量コントローラ(#7)、パンコントローラ(#10)のデータを送信します。

    対応するチェックボックスを選択しないと、データは送信されません。ボックスが選択済みの場合は、変更した値がすぐに送信されます。値は、Optionキーを押しながらトラックを選択したときにも送信されます。

    図。「プログラム」のパラメータとチェックボックスが表示された標準音源オブジェクトインスペクタ。

    「プログラム」パラメータのすぐ下に「バンク」パラメータがあります。使用するMIDI音源でバンク・セレクト・メッセージが認識される場合は(デバイスのマニュアルを参照してください)、サウンドバンクの切り替えが可能です。標準のバンク・セレクト・メッセージ(コントローラ#32)に対応する音源では、このパラメータを直接使用することができます。または、独自のバンク・セレクト・コマンドを定義することもできます。

  • 「トランスポーズ」ポップアップメニュー: すべてのノートイベントをトランスポーズして出力する際の半音の数を定義します。負の値を指定すると、下にトランスポーズします。

  • 「ベロシティ」フィールド: すべてのノートイベントのノートオンベロシティの値を調整します。範囲は- 99-99です。

  • 「キー範囲」フィールド: 「キー範囲」パラメータの2つのノート値でピッチの範囲を定義します。この範囲外のノートはすべて、MIDIリージョンの再生時に無視されます。つまり、この範囲のノートは再生されません。

  • 「ベロシティ範囲」フィールド: 「ベロシティ範囲」パラメータの2つの値でベロシティ範囲を定義します。ベロシティがこの範囲外のすべてのノートは、音源で再生されません。

  • 「ディレイ」ポップアップメニュー: すべてのMIDIイベント送信の遅延を設定します。各種のMIDIデバイス間における応答時間の差を補正することができます。「ディレイ」パラメータ(トラックインスペクタにあります)では、さらに長い時間を指定できるので、リズミカルなディレイエフェクトを作成できます。

  • 「トランスポーズなし」チェックボックス: 選択されている場合、この音源で再生するトラック上のすべてのリージョンでトランスポーズが無効になります。リージョンのトランスポーズのパラメータは無視されます。ドラムやそのほかのサンプル(1つのMIDIチャンネルでキーボードにマップされたもの)に割り当てた音源では、トランスポーズによって(ピッチでなく)音が変わってしまうため、この機能が役に立ちます。

  • 「リセット無効」チェックボックス: 選択されている場合、音源にリセットメッセージが送られません。ミキサーのオートメーションタスクで音源オブジェクトを使用する場合など、音楽用途以外にコントローラを使用するときに便利な機能です。「Logic Pro」>「環境設定」>「MIDI」>「リセットメッセージ」設定は、送信するリセットメッセージを定義します。このメッセージは、「リセット無効」を設定した音源には送信されません。

  • 「スタイル」ポップアップメニュー: 使用可能な譜表スタイルに設定できます。音源のトラックにリージョンを作成すると、このパラメータで設定したスタイルが割り当てられます。「Auto」(デフォルト)を選択すると、リージョン内のノートのピッチ範囲を基に適切なスタイルが選択されます。譜表スタイルについて詳しくは、譜表スタイルの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?