Logic Pro X: 直列または並列にオブジェクトをケーブル接続する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
直列または並列にオブジェクトをケーブル接続する

オブジェクトは、ケーブルで直列および並列に接続することができます。直列の接続は、MIDIのミキシングコンソールを制御するフェーダーをいくつかすばやく接続する場合などに便利な方法です。

オブジェクトのグループを直列に接続する

  • ケーブルで接続するオブジェクトを選択して、「オプション」>「シリアルケーブル接続」と選択します。

左上のオブジェクトを基点に、各オブジェクトが直列で接続されます。

同じタイプのオブジェクトをまとめて共通の接続先につなげる

  1. 接続元のいずれかのオブジェクトを接続先にケーブルでつなげます。

  2. 接続元のオブジェクトを選択して、「編集」>「コピー」と選択します。

  3. 同じく接続するほかのオブジェクトを選択して、「オプション」>「バッファテンプレートを適用」>「ケーブル」と選択します。

この方法で、さらに複雑なケーブル接続の設定をコピーすることも可能です。この場合、コピーするグループ内のオブジェクトのタイプが、バッファテンプレートを適用するグループ内のオブジェクトのタイプと同じである必要があります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?