Logic Pro X: 複数のケーブル接続を作成する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
複数のケーブル接続を作成する

接続先のオブジェクトには、必要なだけケーブルを接続できます。MIDI信号はすべて、オブジェクトの入力で組み合わされます。

オブジェクトから複数の出力に接続する

  1. オブジェクトを接続先のオブジェクトに接続します。

    オブジェクトからの出力が使用されると(別のオブジェクトにケーブル接続されると)、出力を表す三角形がもう1つ自動的に現れます。

    図。オブジェクト間の複数の出力接続。
  2. 2つ目の出力の三角形からケーブルを伸ばすと、ほかの接続先オブジェクトへの接続が可能になります。

    3つ目の出力を表す三角形が現れ、さらに接続できるようになります。

特殊な出力を持つオブジェクトには、この方法で接続できないものもあります。たとえば、チャンネルスプリッターオブジェクトは、機能の異なるいくつかの出力があります。また、ケーブルスイッチャーフィジカルインプットオブジェクトもこれに含まれます。これらのオブジェクトでは、各入力の使用は1つに限られます。

特殊なオブジェクト出力の信号を複数の接続先に接続する

  1. モニタオブジェクトを作成します(「新規」>「モニタ」と選択します)。

  2. 対象のオブジェクト出力からモニタオブジェクトへケーブルを接続します。

  3. モニタオブジェクトから、必要なだけ接続先にケーブルを作成します。

    モニタオブジェクトで、通過するMIDIイベントを確認することができます。

    図。1つのオブジェクトから複数の接続先へのケーブル接続。

複数のケーブルを共通の接続先に接続する

  1. (複数の)ケーブルを選択します。

    ヒント:ケーブルがすでに共通の接続先につながっている場合は、接続先のオブジェクトを選択するのが最も簡単な選択方法です。

  2. 新しい接続先のオブジェクトにいずれかのケーブルをドラッグします。

    選択したすべてのケーブルを新しい接続先に接続するかどうかを確認されます。

  3. 「接続」をクリックするか、Returnキーを押します。

Published Date: 2019/09/13
Helpful?