Logic Pro X: MIDI信号パスの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
MIDI信号パスの概要

コンピュータのMIDIインプットで受信したMIDIイベントを「Logic Pro」で録音するには、以下の2つのエンバイロメントオブジェクトを接続する必要があります:

  • フィジカルインプットオブジェクト: 使用するMIDIインターフェイスのMIDI INポートを表します。

  • シーケンサーインプットオブジェクト: 受信したMIDIイベントを「Logic Pro」に入力する際の「入り口」に当たります。

図。エンバイロメントウインドウのフィジカルインプットオブジェクトとシーケンサーインプットオブジェクト

「Logic Pro」では、(シーケンサーインプットオブジェクトで)受信したMIDIイベントは必ずメインウインドウの選択トラックへと送られます。これでMIDIリージョンでの録音が可能になります。

MIDIリージョンで再生されたイベントは、入力イベントがあればそれも組み合わせて、トラックの送り先となるエンバイロメントオブジェクトへと送信されます。イベントは、ここからMIDIアウトプットへと送信されます(直接出力を割り当てるを参照してください)。

フィジカルインプットオブジェクトとシーケンサーインプットオブジェクトの間の信号パスには、必要に応じてオブジェクトを挿入することができます。たとえばMIDIモニタオブジェクトを挿入すると、受信したMIDIイベントを確認できます。

トラックとその出力先オブジェクトとの間にオブジェクトを挿入すると、エンバイロメントオブジェクトのほかの処理も可能になります。トラック自体はエンバイロメントオブジェクトとして表されませんが、「トラックを割り当て直す」ショートカットメニューを使用して、トラックの出力先をエンバイロメントオブジェクトに指定できます。たとえば、ソフトウェア音源トラック上のMIDIリージョンをマップドインストゥルメントオブジェクトに送ることができます。

トラックとその出力先オブジェクトとの間にオブジェクトを挿入する

  1. エンバイロンメントで「新規」>「マップドインストゥルメント」と選択します。

  2. トラック領域で、Controlキーを押しながらトラックヘッダをクリックして「トラックを割り当て直す」ショートカットメニューを開き、マップドインストゥルメントを見つけます。

    図。トラック領域の「トラックを割り当て直す」ショートカットメニューでマップドインストゥルメントをブラウズ。
  3. エンバイロメントで、マップドインストゥルメントをソフトウェア音源チャンネルストリップ1にケーブル接続します。

    図。「エンバイロンメント」ウインドウでマップドインストゥルメントをソフトウェア音源チャンネルストリップにケーブル接続。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?