Logic Pro X: 共通のオブジェクトパラメータ

共通のオブジェクトパラメータ

各エンバイロメントオブジェクトには、その動作を制御するパラメータがいくつか存在します。これらのパラメータは、オブジェクトインスペクタで表示および変更できます。オブジェクトインスペクタは、オブジェクトを選択したときに「エンバイロメント」に表示されます。

図。オブジェクトインスペクタにパラメータが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。

以下のパラメータは、すべてのオブジェクトタイプで共通です:

  • 名前: 開閉用三角ボタンの横に表示され、クリックすることで編集できます。名前の編集は、テキストツールでオブジェクトをクリックして行うこともできます。

  • アイコン: 「エンバイロメント」とメインウインドウのオブジェクトを表し、クリックすることで変更できます。

  • 「アサイン可能」チェックボックス: トラック領域の「トラックを割り当て直す」ショートカットメニューにオブジェクトを表示することを許可します。(別のチャンネルストリップにトラックを割り当て直すを参照してください。)これは音源オブジェクトで便利な機能ですが、Touch Tracksやコードメモライザーなどのオブジェクトでも役に立ちます。

オブジェクトインスペクタを表示する/隠す

以下のいずれかの操作を行います:

  • オブジェクトインスペクタの左上隅にある開閉用三角ボタンをクリックします。

  • 「表示」>「インスペクタを隠す/表示」と選択します(またはIキーを押します)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?