Logic Pro X: エンバイロメントの概要

エンバイロメントの概要

「エンバイロメント」は、コンピュータ内の「Logic Pro」の環境を仮想表現したものです。MIDIスタジオの仮想表示である「エンバイロメント」では、MIDI設定をすべて制御できます。「エンバイロメント」には次のオブジェクトがあります。

図。さまざまなオブジェクトが表示された「エンバイロメント」ウインドウ。
  • フィジカルインプットおよびシーケンサーインプットオブジェクト: MIDIインターフェイスの物理的なMIDI入力と「Logic Pro」の入力を表します。

  • 音源オブジェクト: MIDI機材一式の中の各MIDIデバイス(シンセサイザーやサンプラーなど)を仮想的に表したものです。

  • フェーダー、ノブ、スイッチ、およびその他のオブジェクト: 新規データの作成や、MIDI信号のフローをリアルタイムで制御/処理するために使用されます。

「Logic Pro」音源や外部MIDIサウンドジェネレータ/キーボードを使って曲を作るのに、「エンバイロメント」について知らなくても(あるいはウインドウを開くことがなくても)特に問題はありません。新しい音源または外部MIDIトラックを作成すると、「ミキサー」のチャンネルストリップが自動的に生成され、基本の入出力に必要なエンバイロメントオブジェクトが作成および設定されます。

注記:これはオーディオ・チャンネル・ストリップ(Auxや出力チャンネルストリップなど、ほかの種類のチャンネルストリップを含みます)についても同じですが、このようなオブジェクトは「ミキサー」ウインドウのチャンネルストリップで詳細に制御することができるため、「エンバイロメント」ウインドウからアクセスする必要はあまりありません。

エンバイロメントは、「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「MIDI」が選択されている場合にのみ使用できます。

「エンバイロメント」ウインドウを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「ウインドウ」>「MIDIエンバイロメントを開く」と選択します(またはCommand+0キーを押します)。

    注記:「エンバイロメント」ウインドウがすでに開いている場合は、このコマンドを実行すると新しい「エンバイロメント」ウインドウが開きます。

  • 「エンバイロメントを表示/隠す」キーボードショートカットを使い、次のいずれかの操作を行います:

    • 「エンバイロメント」ウインドウを開く。

    • 開いた状態の「エンバイロメント」ウインドウを前面に表示する。

    • 開いた状態の「エンバイロメント」ウインドウを閉じる。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?