Logic Pro X: プロジェクトをMusicXMLとして書き出す

プロジェクトをMusicXMLとして書き出す

MusicXMLはXMLベースの楽譜ファイルフォーマットで、多くの楽譜OCRアプリケーションおよび一部の音楽制作アプリケーションで使用できます。MusicXML Public Licenseの下で、MusicXMLと共に使用されるMusicXML DTDおよびXSDを自由に再配布できます。

MusicXMLファイルは、多くのスコア作成プログラム(Finale、Sibelius、MuseScoreなど)および音楽OCRプログラム(SmartScore、PhotoScoreなど)で開いて表示できます。一部の音楽シーケンサープログラム(Cubase、SONAR、Rosegardenなど)でもこのファイルを開くことができます。

スコアプロジェクトをMusicXMLフォーマットで書き出す

  1. 「ファイル」>「書き出す」>「スコアをMusicXMLとして」と選択します。

  2. 「保存」ダイアログで、書き出されるファイルの名前を入力し、保存する場所をブラウズします。

  3. 「保存」をクリックします。

MusicXMLファイルは、読み込んだり、再生したり、スコアエディタに表示したりすることもできます。詳しくは、MusicXMLファイルを読み込むを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?