Logic Pro X: ソングをiTunesで共有する

ソングをiTunesで共有する

ソングをiTunesライブラリで共有して、iTunesで再生したり、プレイリストに追加したり、iPhoneやiPadなどのモバイルデバイスと同期したりできます。ソングは、非圧縮AIFFオーディオファイルまたは音質レベルを指定した圧縮オーディオファイルとしてiTunesで共有できます。

ソングをiTunesで共有する:

  1. 「ファイル」>「共有」>「曲をiTunesに」と選択します。

  2. 「iTunesに送信」ダイアログで、以下の操作を行います:

    図。「iTunesに送信」ダイアログ。
    • 共有するファイルの名前を変更したい場合は、「タイトル」フィールドで名前を選択して、新しい名前を入力します。

    • 「アーティスト」、「作曲者」、「アルバム」、および「iTunesプレイリスト」の各フィールドに共有するファイルの情報を入力します。

      ヒント:これらの情報は「自分の情報」環境設定で入力することもできます。

    • 「音質」ポップアップメニューから共有するファイルの音質レベルを選択します。

    • サイクルが有効になっているソングのサイクル領域内の部分のみを書き出したい場合や、リージョンが選択されていて、その選択されたリージョンの部分のみを書き出したい場合は、チェックボックスを選択します。チェックボックスが選択されていない場合、または有効なサイクル領域や選択されたリージョンがない場合は、プロジェクト全体が書き出されます。

  3. 「共有」をクリックします。

共有されたソングはiTunesライブラリに表示され、プレイリストに追加したり、変換したり、CDに書き込んだりできます。共有ソングのフォーマットは、iTunesの読み込み設定によって決まります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?