Logic Pro X: ディザアルゴリズムについて

ディザアルゴリズムについて

「Logic Pro」には、プロフェッショナル向けのPOW-r(Psychoacoustically Optimized Wordlength Reduction)ディザアルゴリズムおよびUV22HRディザアルゴリズムが用意されており、24ビットの録音データを16ビットに変換する場合(CD作成時など)に使用できます。ディザリングは以下の場合に使用できます:

「バウンス」ダイアログでは、次のディザリングオプションを利用できます:

  • なし: ディザリングを行いません。

  • POWr #1(ディザリング): 量子化ノイズを最小限に抑えるための特別なディザリング曲線を使用します。

  • POWr #2(ノイズシェイピング): 広範囲の周波数帯にわたってさらにノイズシェイピングを行います。これによってバウンスファイルのダイナミックレンジを5-10 dB拡大できます。

  • POWr #3(ノイズシェイピング): さらに最適化されたノイズシェイピングを行います。これによって、人間の耳が最も敏感に聴き取ることのできる2-4 kHzの周波数帯のダイナミックレンジを20 dB拡大できます。

    注記:ノイズシェイピングは、量子化ノイズを10 kHzより上の周波数帯(人間の耳には最も聞こえにくい周波数帯)に移動することにより、ビット数を減らしたこと(ダウンサンプリング)による悪影響を最小限に抑えます。この処理は専門用語ではスペクトル移動と呼ばれます。

  • UV22HR: 24ビットの録音データを16ビットのファイルにバウンスするときに可能な最大限のサウンド分解能を実現します。

どのディザアルゴリズムが最も良い音質になるかは、使用するオーディオ素材や個人的な好みによっても異なります。ディザリングする同じオーディオ素材に対して異なるアルゴリズムを適用し、試聴した上で最も良い設定を選んでください。場合によってはディザリングをまったく使用しない方が良い結果が得られることもあります。

重要:同一のオーディオ信号に対して複数回ディザリングを行うことは避けてください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?