Logic Pro X: M4A: AACバウンスオプション

M4A: AACバウンスオプション

「バウンス」ダイアログの「用途」領域で「M4A:AAC」を選択した場合は、以下のオプションを利用できます:

図。「バウンス」ウインドウの「M4A: AAC」フォーマットオプション。
  • 「エンコーディング」ポップアップメニュー: .m4a(一般にはMP4)ファイルのエンコーディング方式を「Advanced Audio Codec(AAC)」または「Apple Lossless」のいずれかから選択します。どちらも高音質のエンコーディングアルゴリズムですが、AACフォーマットの方が圧縮率が高く、ファイルサイズが小さくなります。

    「用途」領域で「M4A:AAC」オプションを選択すると、PCMのサラウンドオプションが無効になります。その場合でも、「スプリットステレオ」は利用できます。

    選択したサンプルレートが48 kHzより高い場合は、バウンスしたPCMファイルのコピーを作成してから(サンプルレートは自動的に48 kHzに変換されます)、エンコードが行われます。このような変換が行われるのは、M4Aフォーマットでは48 kHzまでのサンプルレートしかサポートされないためです。

  • 「ビットレート」ポップアップメニュー: ビットレートを16 kbps-320 kbpsの範囲で選択します。

    注記:このパラメータは「Advanced Audio Codec(AAC)」を選択した場合にのみ使用できます。

  • 「可変ビットレート(VBR)でエンコード」チェックボックス: 可変ビットレートのエンコーディングでは、単純なパッセージほど圧縮率が高くなり、音楽の情報量の多いパッセージほど圧縮率が抑えられるため、通常は比較的高品質なファイルが得られます。

    VBRでエンコーディングされたファイルを正確にデコードできないメディアプレーヤーもあるため、このオプションはデフォルトではオフになっています。想定しているリスナーがVBRでエンコーディングされたファイルを正しくデコードできると分かっている場合は、このチェックボックスを選択してください。

  • 「iTunesに追加」チェックボックス: iTunesライブラリに.m4aファイルを追加する場合は、このボックスを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?