Logic Pro X: トランスポーズの概要

トランスポーズの概要

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、「トランスポーズ」トラックを使って、プロジェクト内のMIDIリージョンとApple Loopsを時間の経過に合わせてトランスポーズ(再生ピッチを変更)できます。「トランスポーズ」トラックには、ピッチの変更(トランスポーズイベント)を表すトランスポーズポイントが含まれています。プロジェクトはトランスポーズポイントの位置でトランスポーズし、新しい値が次のトランスポーズポイントまで維持されます。

図。「トランスポーズ」トラック。

トランスポーズは、MIDIリージョンのほか、オーディオ、ソフトウェア音源両方のApple Loopsに影響します(ドラムループ、およびキー定義を持たないその他のApple Loopsを除く)。オーディオApple Loops以外のオーディオリージョンはトランスポーズされません

「トランスポーズ」トラックのゼロ位置は、「キー/拍子」トラックの現在のキーによって決まります。プロジェクトの途中でキーを変更すると、「トランスポーズ」トラックのゼロ位置もそれに合わせて変更されます。

トランスポーズは非破壊的に動作します。トランスポーズの値をゼロ(0)にリセットすると、トランスポーズされているMIDIノートは元の値に戻ります。たとえば、MIDIリージョンのC3ノートイベントに、+2の値を持つトランスポーズポイントを追加すると、このノートイベントはD3に変わります。このトランスポーズポイントを別の値に変更すると、それに対応する量だけノートがトランスポーズされます。トランスポーズ値が0になるようにトランスポーズポイントを変更すると、ノートはC3に戻ります。同様に、リージョンを、異なるトランスポーズ値を持つプロジェクトの別の部分にコピーすると、対応する量だけリージョンのノートが変化します。

トランスポーズポイントを追加または編集する場合、プロジェクト内の既存のMIDIイベントのみがトランスポーズされます。追加/編集以降に記録または作成されたMIDIイベントは影響を受けません。

トラックインスペクタで「トランスポーズなし」チェックボックスを選択すると、そのトラックのMIDIイベント(音源Apple Loopsを含む)はトランスポーズされません。

図。「トランスポーズなし」チェックボックスが選択されたトラックパラメータボックス。

「トランスポーズ」トラックを表示する

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「トラック」>「グローバルトラック」>「グローバルトラックを表示」と選択するか、「グローバルトラックを表示/隠す」キーコマンド(Gキー)を使います。

    • 「グローバルトラック」ボタン をクリックします。「グローバルトラック」ボタンは、トラック領域ではトラックヘッダの上に、エディタではエディタの左側に表示されます。

  2. グローバルトラックのヘッダ領域のいずれかの場所を、Controlキーを押しながらクリックして、表示されるダイアログで「トランスポーズを表示」を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?